ホーム > 医師 > 脳血管内科部長 募集要項

募集要項

脳血管内科部長 募集要項

職務内容等 脳血管内科部長 (任期5年、再任あり)
本職は、脳血管部門の中での脳血管内科を統括する。脳血管部門には、脳血管内科の他に脳神経内科と脳神経外科とがあり、多数の脳血管障害症例の診療や若手医師・医療者の研修・指導等を共同して行っている。その一方で、研究活動や医療政策への貢献等に関しては、各科の特色を生かし、適切に役割分担し、わが国の脳血管障害医学・医療において主導的役割を担ってきた。
脳血管内科を統括する本職は、脳血管障害を熟知した高い診療能力とともに、研究・教育・情報発信における強いリーダーシップを有することが望まれる。特に最近の当科は、国内外の多施設共同臨床研究の推進、そのための研究基盤構築・運営に務めてきたことから、この方針を継承できる人材を希望する。また平成31年に新病院への移転を控え、移転前後の病院経営についても積極的に貢献できる人物を求める。
採用予定日 平成30年3月1日以降(別途調整)
応募資格 (1)脳血管内科部長に相応しい人格と見識を有すること。
(2)脳血管障害や神経内科救急疾患に精通していること。
(3)脳神経内科、脳神経外科をはじめとする院内他科との緊密な連携と協調的医療を促進できること。
(4)脳血管障害に関する豊富な研究実績を有し、時代の要求やセンター全体の方針に沿って、科の診療・研究の方向性を的確に判断し、導くことができること。
(5)日本脳卒中学会認定研修教育病院の責任者として、レジデント・専門修練医等に万全の指導ができること。
(6)わが国の脳卒中学、脳神経内科学発展のための提言や情報発信に積極的に取り組む意欲を持つこと。
(7)病院経営改善に積極的に取り組む意欲があること。
選考方法 書類選考およびプレゼンテーション等を実施予定
提出書類
  1. 履歴書(別紙様式)
  2. 身上調書(別紙様式)
  3. 研究業績目録(別紙様式)
    原著、症例報告、総説、著書に分け、年代順に記載すること。
    学会報告は、特別講演、招待講演、シンポジウムなど主要なものに限る。
    主な原著論文10編を選び、各別刷1部・コピー8部を添付すること。
  4. 研究費獲得状況
    文部科学省・厚生労働省・その他の省庁・民間の区分で研究課題・獲得額・時期(期間)・主任(分担)の区別等
  5. 推薦状(2通)
  6. 大学の卒業証書の写または卒業証明書
  7. 学位記の写(学士・修士・博士)
  8. 医師免許証の写
  9. 専門医、認定医、指導医の認定証の写
問合せ先 国立循環器病研究センター病院 病院長 峰松 一夫
TEL:06-6833-5012(代表)
当センターの詳細はHP(http://www.ncvc.go.jp/index.html)でご覧頂けます。
書類提出期限及び提出先 平成30年1月12日(金)必着で『脳血管内科部長 応募』と封筒に朱書の上、下記宛提出してください。
( 提出書類 ( 別紙様式 ) は当ページ、最下段からダウンロードできます )

(送付先)
〒 565-8565
大阪府吹田市藤白台5丁目7番1号
国立循環器病研究センター 人事部 人事課 人事係
TEL:06-6833-5012 (内線 2787)
添付ファイル 別紙様式ダウンロード(履歴書等)

最終更新日 2017年12月06日

ページ上部へ