ホーム > トピックス > HOSPEX JAPAN 2011にブース出展しました(11/9-11)

HOSPEX JAPAN 2011にブース出展しました(11/9-11)

医療設備と機器の見本市に当センターのブースを出展しました。

【日時】 2011年11月9日(水)~11日(金)
【場所】 東京ビッグサイト(東5・6ホール)
【参加者】 病院関係者、建築設備の設計施工業者、医療設備メーカー、医療ディーラー、商社
【内容】 医療福祉設備学会と併設するHOSPEXは手術設備などの医療設備メーカー、通信設備などの電器製品メーカー、ゼネコンなどの展示が多く、今年は自家発電装置など震災対応の展示も目立ちました。当センターのような研究機関の展示は少なかったようです。同じ建物でロボット産業展が開催されており、異業種の参加者も多く見られました。
【まとめ】 手術台や無影灯など医療設備メーカーの展示は盛大でした。我々のブースは小規模でありましたが病院/研究機関が出展する珍しさから足を止める人が多くありました。医療産業へ興味を持つ異業種の方々からのアクセスもあり、出展した意義を感じられました。
偶然に隣り合わせとなったIWAKI社のブースでは当センターと共同開発した補助人工心臓用耐久試験装置が展示されていました。
【立会者】 説明要員として初日8名、2日目9名、3日目9名が交代で立ち会いました。
立会者は巽英介(知的資産部長・人工臓器部長)、小林良平(広報係長)、赤川英毅(知的資産部事業化戦略室長)、中田はる佳(知的資産部事業化戦略室研究員)、森貞真由美(知的資産部事務員)、中島恵美子(知的資産部事務員)、西謙一(知的資産部産学官連携室研究員)でした。
  • 玄関口に掲げられたイベントの看板
    玄関口に掲げられたイベントの看板
  • 国循ブース(全景)
    国循ブース(全景)
  • 隣接ブース(IWAKI)では当センターとの共同開発製品が展示されていました
    隣接ブース(IWAKI)では当センターとの共同開発製品が展示されていました

最終更新日 2011年12月26日

ページ上部へ