ホーム > トピックス > 共催料理教室『塩分2g以下・晩秋の月見御膳』(10/1, 10/6)

共催料理教室『塩分2g以下・晩秋の月見御膳』(10/1, 10/6)

国循のノウハウである減塩しても美味しい料理の調理方法を伝授する、知的資産活用イベントを傍聴した。

【日時】 2011年10月1日・6日 10:00~13:00
【主催】 大阪ガスクッキングスクール千里・国立循環器病研究センター
【場所】 大阪ガスクッキングスクール千里
【参加者】 一般の方々
【内容】 高血圧症などの生活習慣病の発症や進行を防ぐには生活習慣の改善、とりわけ食生活の改善が重要であると言われています。国循の管理栄養士と調理師が家庭で実践できるメニューを発案し、伝授するイベント。

・サケの味噌柚庵焼き (添え物:さつま芋の栂ノ尾煮)

・煮物盛り合わせ (長芋・人参・しめじ・生麩)

・百合根まんじゅうのカニあん

・ふきよせ風焼き野菜 (ゴマドレッシング)

・ゆうりんち

【まとめ】 減塩のイメージである『薄味』を味が無いものと考えていた方々から、出汁の使い方などで薄味でも素材の味を活かせば美味しい料理が作れることを知ることができたとの主旨の意見が多く聞かれ、次回開催への期待も多くありました。
  • 共催料理教室01
  • 共催料理教室02

最終更新日 2011年12月26日

ページ上部へ