ホーム > 組織・各部の紹介 > 産学連携本部 > 事業化推進室

産学連携本部

概要

事業化推進室では、循環器系の創薬、医療機器の開発、さらには予防など医療の周辺を含めたサービスの創出を目指し、オープンイノベーションラボやサイエンスカフェを新たな連携拠点とした産学連携活動を効果的に推進してまいります。

業務

研究開発の構想段階から製品開発に至る以下の活動を進めてまいります。

  • 研究成果の製品化への推進
  • シンポジウム・セミナー・機器体験会などの開催を通じた企業人材育成
  • オープンイノベーションラボ関連プロジェクトの促進
  • 産学連携アライアンスの構築

製品化に関する実績例

これまでに、国産初承認の補助人工心臓(VAD)や抗血栓性に優れたコーティング膜型人工肺をはじめとした製品化への実績があります。最近では、心臓シミュレーションモデルや次世代型心肺補助(ECMO)システムの開発にも成功しています。

国産初承認の補助人工心臓

国産初承認の補助人工心臓

コーティング膜型人工肺

コーティング膜型人工肺

参照URL (プレスリリース)

最終更新日 2020年12月15日

ページ上部へ