ホーム > 広報活動 > プレスリリース > 国立循環器病研究センターとセコム医療システムが健康・医療サービス向上のための包括的連携協定を締結

国立循環器病研究センターとセコム医療システムが健康・医療サービス向上のための包括的連携協定を締結

2019年2月8日
国立研究開発法人国立循環器病研究センター
セコム株式会社
セコム医療システム株式会社

国立研究開発法人国立循環器病研究センター(所在地:大阪府吹田市、理事長:小川久雄 以下、国循)とセコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)のグループ会社でメディカル事業を担うセコム医療システム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小松 淳)は、国循が進める産学官が連携したオープンイノベーションにより、健康・医療サービスの向上を図るための包括的連携協定を本日締結しました。

国循は高度専門医療研究センターとして循環器疾患の究明と制圧に挑むことを理念として掲げ、循環器領域における世界トップレベルの医療・研究の実現に取り組んでいます。今年7月には大阪府吹田市と摂津市にまたがる「北大阪健康医療都市(健都(けんと)」へ移転し、産学官が連携して最先端医療・医療技術開発を進める共同研究拠点「オープンイノベーションセンター」の開設を予定しています。

また、セコム医療システムは、1991年に民間で初めてとなる訪問看護サービスと薬剤提供サービスを柱とした「在宅医療サービス」を開始しました。現在では「医療」から「介護・福祉」「健康・予防」に至るまで、患者様(お客様)本位の革新的かつ高品質なメディカルサービスを提供しています。

包括的連携協定は、「オープンイノベーションセンター」における共同研究およびシステム構築に関するもので、健康寿命の延伸を目指し、国循とセコム医療システムとは、下記項目について具体的な内容の協議を進めていきます。

①人材交流の推進
②情報共有の推進
③共同研究体制の構築
 ・循環器疾患の予防に関する研究
 ・循環器疾患の治療に関する研究
 ・循環器疾患患者の生活支援に関する研究

国循とセコムは、循環器疾患分野の予防・医療・研究において、「オープンイノベーションセンター」が日本はもとより世界をリードする存在になることを目指し、人々の健康をトータルにサポートする地域医療連携モデルの構築に取り組んでいきます。

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

国立研究開発法人 国立循環器病研究センター
総務部総務課広報係長  星
TEL:06‐6833-5012

セコム株式会社 
コーポレート広報部 井踏、寺本
TEL:03‐5775-8210

最終更新日 2019年02月08日

ページ上部へ