ホーム > 広報活動 > プレスリリース > おおさか・すいたハウス移転支援寄附 2億円の目標達成

おおさか・すいたハウス移転支援寄附 2億円の目標達成

平成29年(2017年)11月27日
国立循環器病研究センター
吹田市

国立循環器病研究センターに入院する小児患者の御家族の滞在施設「おおさか・すいたハウス」の移転に向けて、広く寄附(目標額:2億円)を募っておりましたが、今般、平成29年(2017年)11月24日に目標額に達しましたのでお知らせします。

● 寄附総額(平成29年11月24日時点)
  209,593,496円(1,210件)

● 移転に向けたスケジュール
  平成29年度中 新ハウスの設計
  平成30年度中 新ハウスの建設工事
  平成31年7月 新ハウスオープン

● 吹田市の寄附受付窓口について
平成29年12月8日(金)が受付最終日(入金は12月15日(金)まで)
※ 吹田市の受付終了後に寄附の御希望がある場合、おおさか・すいたハウスを運営する公益財団法人への寄附は可能。

本移転支援の概要

「おおさか・すいたハウス」は、国立循環器病研究センターに入院する重度の心臓病等の小児患者の御家族が少ない御負担で宿泊できる滞在施設として、これまで延べ6,000以上の御家族に利用されるなど、患者家族にとってなくてはならない施設です。
平成31年(2019年)7月に予定されている同センターの北大阪健康医療都市(健都)への移転 に伴い、同ハウスについても移転する必要が生じたことから、その移転費用(約3.5億円)を支援するため、吹田市を窓口としてふるさと納税制度の活用もPRしながら2億円を目標に寄附の募集を行ってきました。(残り1.5億円は、吹田市が現ハウスの建物を購入することで支援。)
平成28年2月から始まりました移転支援寄附は、同年5月に関西の経済関係者、医療関係者等を委員とした「おおさか・すいたハウス移転支援募金委員会」を設立し、全国に広く情報発信をするなどオール関西で取り組んできました。
関係者の皆様のお力添えや、全国各地からのあたたかい御支援によりまして、平成29年11月24 日に目標額2億円を達成することができました。

(添付資料) 「おおさか・すいたハウス移転支援寄附 目標達成のご報告
※ 寄附に御協力いただいた皆様へお送りするニュースレター

お問い合わせ先

吹田市 健康医療部 北大阪健康医療都市推進室
横井、山根、加藤TEL:06-6384-2614 FAX:06-6368-9901
E-mail:kento-kifu@city.suita.osaka.jp

最終更新日 2017年11月27日

ページ上部へ