ホーム > 広報活動 > プレスリリース > 血管保護による新しいがん転移治療法の開発

血管保護による新しいがん転移治療法の開発

―なぜ、がんは心臓に転移しないのか?―
<心臓ホルモンが、がんの転移を抑制>

平成24年10月23日

国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:橋本信夫、略称:国循)研究所の野尻崇(生化学部研究員)、細田洋司(組織再生研究室長)、寒川賢治(研究所長)らの研究グループは、大阪大学呼吸器外科 奥村明之進教授らとの共同研究で、心臓から分泌されるホルモンである心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)が、血管を保護することによって、様々な種類のがんの転移を予防・抑制できることを突き止めました。
「なぜ、がんは心臓に転移しないのか?」本研究は、この疑問に答えるものであり、がん治療への応用につながるものと期待されます。この研究成果は、今年10月25日~27日横浜(パシフィコ横浜)で行われる第50回日本癌治療学会学術集会で発表予定です。

ANPは、1984年に寒川賢治、松尾壽之(当センター研究所名誉所長)らによって発見された心臓ホルモンであり、現在心不全に対する治療薬として臨床で使用されています。研究グループでは、肺がん手術の際にANPを使用することにより、様々な合併症を予防できることを報告していますが、その後の調査によって、肺がんの転移(再発)を減らす効果があることがわかり、引き続き調査を継続すると同時に、ANPのがん転移を予防するメカニズムについて明らかにしました。

アイコン 研究手法と成果

2種類のヒト肺がん細胞をマウスに移植した肺転移モデルを作製し、対照群とANP投与群で比較したところ、ANP投与群で肺転移が著明に少なくなることが確認できました。
マウス悪性黒色腫(がんの一種)を用いて、①と同様の実験を行ったところ、やはりANP投与群で肺転移が著明に少ない結果となりました。このがんには、 ANPの受容体(GC-A)が全く発現していないことから、ANPの直接効果ではなく、がん以外への作用であることがわかりました。
ANPの受容体遺伝子が、血管内皮細胞で特異的に欠損しているマウスを使い、②と同様の実験を行ったところ、対照群と比べて、遺伝子欠損マウスでは肺転移 が著明に多く、かつ、通常では起こらない心臓への転移が、本マウスでは認められました。逆にANPの受容体遺伝子を、血管内皮細胞で多く発現させたマウス では、対照群と比べて、肺転移が著明に少ない結果となりました。つまり、ANPのがん転移予防効果は、血管への作用を反映したものであり、また、本来ヒト で心臓にがんの転移が起こらない理由として、通常ではANPが心臓へ保護的に働いている可能性が挙げられるというわけです。
実際に、ヒト肺がん手術について追跡調査を続けた結果、ANPを使用した患者さんの術後再発率が、使用しなかった患者さんより少なく、良好な成績が得られました。
現在、乳がんや大腸がんといった他の種類のがんに対しても、ANPが転移を抑制する効果があることを動物実験で確認しており、さらなるメカニズムの解明を進めています。

アイコン 今後の展望

現在日本人の"2人に1人はがんになり、3人に1人が、がんで死亡する"時代です。近年の目覚ましい技術革新によって、新しい治療法が次々と開発されておりますが、現在でもよく使われる抗がん剤は、20年以上大きく変わっておらず、がん治療の分野では革新的な治療法の開発が極めて難しいことがうかがえます。その要因として、従来のがん治療は、がん細胞自体を攻撃する治療が一般的であり、がんの種類によって効果のある抗がん剤が違うこと、また同じがんの種類であっても、個人によって効果のある抗がん剤が違うことが挙げられます。さらに、がん患者さんは、全身へがんが転移することで余命が短くなりますが、これまでにがんの転移を防ぐ薬(抗転移薬)は開発されておりません。

今回の研究では、ヒトなら誰しも備わっている"血管"を保護する仕組みであることから、ANPはがんの種類に関わらず、あらゆる種類のがんの"転移"を防ぐことができる世界で初めての本格的な治療法であり、今後多くのがん治療へ応用されることが期待されます。

また、ANPは1995年の発売以来、数十万人の心不全患者に使用されておりますが、重篤な副作用は知られていません。心臓ホルモンは、誰もが元々持っているので、安全性が高く、副作用の強い従来の抗がん剤よりも使用しやすい点が大きな利点です。

ただ、現在の保険診療では、ANPの使用は急性心不全に限られており、がん患者さんに対してすぐに使用できないのが現状であり、来年にも適応拡大に向けた臨床治験の実施を進めたいと考えています。

今後、抗がん剤との併用などにより、このANPを広く利用して、多くのがん患者さんの治療に役立てるように、研究や臨床応用を進めて参ります。

アイコン 補足説明

補足説明 ANP投与により改善

<簡略図>

がん転移の仕組み

最終更新日 2012年10月23日

ページ上部へ