ホーム > 広報活動 > プレスリリース > 肺高血圧症の診断治療に関する先端医療の開発へ

肺高血圧症の診断治療に関する先端医療の開発へ

-寄付研究プロジェクト部門を設置-

国立循環器病研究センターは、アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン 株式会社からの研究寄付金を有効活用し、先端基礎研究および臨床研究を推進する寄付プロジェクト部門「肺高血圧先端医療学研究部」を本年5月に設置しました。ナショナルセンター(国立高度専門医療研究センター)としては、このような民間からの研究寄付金を活用した組織の設置は初めてです。

肺高血圧先端医療学研究部では、欧米に比して遅れている肺高血圧症の領域において、肺高血圧症の診断、治療にかかわる新しい先端医療を確立することを目的として、肺高血圧症に関するゲノム解析等の基礎的研究の充実を図るとともに、臨床研究を推進します。

平成24年7月23日(月)に感謝状贈呈式を行いました。

感謝状贈呈式 感謝状贈呈式 集合写真

最終更新日 2012年07月24日

ページ上部へ