ホーム > 研究について > 研究プロジェクト

研究プロジェクト

これまで行ってきた研究

多層的オミックス解析による創薬標的の網羅的探索を目指した研究

(実施年度:平成22~26年度)

独立行政法人医薬基盤研究所(当時)による先駆的医薬品・医療機器研究発掘支援事業の平成22年度(2010年度)採択プロジェクトの一つである「多層的オミックス解析による創薬標的の網羅的探索を目指した研究」を基にして実施されました。創薬標的の探索、開発が必要とされる主要な疾患について、各疾患を専門とする高度専門医療研究施設にて収集された病変部位等の臨床試料を対象に、ゲノム・エピゲノム・トランスクリプトーム・プロテオーム・メタボローム解析を行い、データを臨床情報などと比較・統合解析すること(多層的疾患オミックス解析)により、創薬標的候補を網羅的に探索しました。この内、当センターではプロテオーム解析の解析拠点を担当するとともに、拡張型心筋症と動脈硬化性大動脈瘤の疾患拠点としてデータの収集、解析を実施しました。

本研究プロジェクトでは、多層的疾患オミックス解析統合データベースを構築しました。プロジェクト終了日の平成27年3月31日から解析データの一部の公開を開始し、平成29年3月27日よりデータの全面的な公開を開始しています。 

現在実施中のプロジェクト

多層的オミックス解析による、がん、精神疾患、腎疾患を対象とした医療技術開発

(実施年度:平成27~31年度予定)

本研究は日本医療研究開発機構 (AMED)における創薬基盤研究推進事業GAPFREEプロジェクトの研究課題です。GAPFREEはアカデミアにおける良質な臨床検体収集体制と先進的なオミックス解析技術、そして製薬企業における創薬ノウハウをつなげて、革新的な新薬の開発を目指す産学官共同研究プロジェクトです。当センターではプロテオーム解析拠点として、生体試料の解析に取り組んでいます。

最終更新日 2015年10月09日

ページ上部へ