ホーム > 研究について > 循環調節ペプチドの高感度測定系の構築と測定意義

循環調節ペプチドの高感度測定系の構築と測定意義

心疾患の発症や重症度の診断には循環調節ペプチドの血中濃度測定が不可欠で、特にANPやBNPは当センター研究者が発見し、世界で汎用される重要なペプチドマーカーです。しかし、BNPの約2/3は低活性のproBNPであり、ANPでも低活性のproANPとβ-ANPが循環し、現在の測定法はそれらの総和を測定しています。また、オステオクリンなどの新しいペプチドも発見され、各ペプチドの正確な測定と臨床意義の解明が必要です。そのため、BNP分子型2種、ANP分子型3種、CNP、オステオクリンの超高感度測定系(検出感度0.1-0.5pM)を構築し、ANPとBNPでは測定意義を考察しました1

非代償期の急性心不全において、軽症例では活性型BNPが増加する代償機構が働きますが、重症例では作動しないことが分りました2。また、活性型BNP濃度の低い症例では腎機能低下の発生率が高く3、入院時のproANP濃度は左室機能や有害事象発生率と相関する有用マーカーであることが示されました4。急性心筋梗塞や不整脈の治療に伴う各分子の変動についても研究を進めています。

先天性心疾患や不整脈などによる胎児心不全の診断、重症度評価は主に心エコー検査で行われ、有効な生化学的指標が有りません。羊水、胎児臍帯血ではNT-proBNPが有効な胎児心不全マーカーであり、両者に相関があることを確認しました5。母体血でも、特定のサイトカイン濃度などを組合せ、胎児心不全を評価できる可能性を示しました6

関連業績

  1. Matsuo A, Nagai-Okatani C, Nishigori M, Kangawa K, Minamino N. Natriuretic peptides in human heart: Novel insight into their molecular forms, functions, and diagnostic use. Peptides. 111, 3-17, 2019.
  2. Takahama H, Takashio S, Nishikimi T, Minamino N, Anzai T, et al. Ratio of pro-B-type natriuretic peptide (BNP) to total BNP is decreased in mild, but not severe, acute decompensated heart failure patients. Int J Cardiol, 58, 165-171, 2018.
  3. Takahama H, Nishikimi T, Minamino N, Izumi C, et al: A change in the NT-proBNP / mature BNP molar ratio precedes worsening renal function in patients with acute heart failure. JAHA, 2019 in press.
  4. Takashio S, Takahama H, Minamino N, Izumi C, et al. Superiority of pro-atrial natriuretic peptide in the prognostic power in patients with acute decompensated heart failure on hospital admission. Open Heart, 2019 in press.
  5. Miyoshi T, Hosoda H, Umekawa T, Minamino N, et al. Amniotic fluid natriuretic peptide levels in fetuses with congenital heart defects or arrhythmias. Cir J, 82, 2619-2626, 2018.
  6. Miyoshi T, Hosoda H, Minamino N, et al. Maternal biomarkers for fetal heart failure in fetuses with congenital heart defects or arrhythmias. Am J Obstet Gynecol. 220, 104.e1-104.e15, 2019.

最終更新日 2019年07月24日

ページ上部へ