ホーム > 研究について > 洞不全症候群のプレシジョン医療実現化に向けたAll-Japanプロジェクト

洞不全症候群のプレシジョン医療実現化に向けたAll-Japanプロジェクト

洞不全症候群(SSS)は加齢や併発する器質的心疾患など様々な原因によって洞機能が低下し、病的な徐脈や徐脈頻脈をきたす不整脈です。罹患率は年齢とともに上昇し、65歳以上では人口の600人に1人に見られるコモンな不整脈で、年間約4万人の新規ペースメーカ植え込み患者の約4割を占めます。一方ペースメーカ治療がなされたSSS患者の半数以上に心房細動(AF)や心房粗動などの心房不整脈を合併してくることから、抗凝固療法や除細動などの治療が必要になることがあります。またAFに対するカテーテルアブレーション後に高度の徐脈をきたすAFとSSSの合併症例は少なくありません。AFはSSSよりもさらに罹患率が高いが、両者は加齢や線維化や器質的心疾患などの多くの共通のリスク要因を持ち、電気的リモデリングと構造的リモデリングを共通の発症基盤とするコモンな多因子性不整脈だと考えられます。

AFとSSSの遺伝的リスクを解明する研究が最近急速に進んできました。2007年のゲノムワイド関連解析(GWAS)によって最初のAF関連遺伝子座が解明されるとともに急速に研究が進み、この10年余で日本人特異的なものも含めて30個の遺伝子座が明らかになりました。一方、SSSの疾患感受性遺伝子は、アイスランド人で行われた小規模なGWASで指摘されたMYH6(αミオシン重鎖)のみで、SSSのリスク遺伝子はほとんど解明されていません。

本研究の目的は、All-Japanの布陣でSSS症例を集積し、アジア人の遺伝子解析に最適化されたマイクロアレイを使ってGWASを行い、日本人のSSSに特異的な遺伝的リスクを明らかにすることです。さらにその結果を既知のAFの遺伝的リスクと比較することで、SSSとAFの共通の発症基盤や、AFアブレーション後のSSS合併のメカニズムを解明し、個人のリスクに応じたプレシジョン医療の実現を目指します。

関連研究費・ホームページ:

  • AMED 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業(研究分担者、代表者大野聖子;R1-R3年度)「洞不全症候群の臨床情報・遺伝学的解析に基づくリスク層別化アルゴリズムの開発」
  • 日本不整脈心電学会後援臨床研究 「J-PRES3」
    http://new.jhrs.or.jp/contents_web/j-pres3/03.html

関連論文

  1. Holm H, Gudbjartsson DF, Sulem P, Masson G, Helgadottir HT, Zanon C, Magnusson OT, Helgason A, Saemundsdottir J, Gylfason A, Stefansdottir H, Gretarsdottir S, Matthiasson SE, Thorgeirsson GM, Jonasdottir A, Sigurdsson A, Stefansson H, Werge T, Rafnar T, Kiemeney LA, Parvez B, Muhammad R, Roden DM, Darbar D, Thorleifsson G, Walters GB, Kong A, Thorsteinsdottir U, Arnar DO, Stefansson K. A rare variant in MYH6 is associated with high risk of sick sinus syndrome. Nat Genet. 2011;43:316-20.

最終更新日 2019年07月24日

ページ上部へ