ホーム > 組織のご紹介 > プロテオーム系解析室

プロテオーム系解析室

スタッフ

室長 若林 真樹
特任研究員 錦織 充広
流動研究員 松尾 文香
研究補助員 松原 真佐子、石本 真美子、中谷 光子

活動内容

対象組織、細胞、血液などに含まれるタンパク質を質量分析計を用いて分析し、循環器疾患に起因するタンパク質の量的変動、構造変化を明らかにするプロテオーム解析を実施しています。また、修飾構造の変化については、リン酸化プロテオーム解析も実施し、細胞内の情報伝達系の変動を探索しています。これらを実施するために、高感度、高精度の質量分析計を配置しています。

ゲノム系解析室で実施したトランスクリプトーム解析、エピゲノム解析によって得られた情報と、プロテオーム解析によって得られた情報を統合して解析し、循環器病により特異的、特徴的に引き起こされるタンパク質の構造変化や量的な変動を基に、診断法として使用できるバイオマーカー分子を探索しています。また、タンパク質の構造変化や変動が細胞の機能を変える場合は、「疾患発症の分子経路」に関わる可能性が高く、創薬標的分子(医薬品を作る上で標的となる分子)を同定できる可能性があるため、機能との関連も含め研究を行っています。

遺伝性疾患において原因遺伝子の変異が見出された場合は、その変異を含んで作り出されたタンパク質の機能と発症の関連を調べ、確認する研究などを計画しています。

当センターは生理活性ペプチドの研究、実用化での実績が豊富であるため、生体内ペプチドを網羅的に解析するペプチドーム解析も行い、バイオマーカーや生理活性ペプチドの探索を進めています。

最終更新日 2017年04月01日

ページ上部へ