ホーム > 看護部署紹介 >2階 HCU病棟の看護のご紹介

2階 HCU病棟の看護のご紹介

HCU病棟は、心臓血管内科・心臓血管外科を中心に24時間体制で緊急入院やカテーテル治療後・手術後の患者さんを受け入れる病棟です。
患者さんが一般病棟で過ごすことができる状態まで回復できるようケアする役割を担っており、急性期の病状に対応できる判断力が必要とされます。
患者さんの病態や個別性を理解し、それぞれに合った治療が効果的に行えるよう介入するとともに、勉強会で知識の共有をおこない、看護師としてもスキルアップできるような環境づくりをしています。

主な疾患・治療・検査
【疾患】
  • 心不全(心筋症・弁膜症など)
  • 冠疾患(急性心筋梗塞・不安定狭心症など)
  • 不整脈(高度房室ブロック・心室頻拍など)
  • 肺高血圧症
  • 大動脈疾患
  • 末梢血管疾患
【治療・検査】
  • 冠動脈カテーテル治療・検査
  • 肺動脈カテーテル拡張術(BPA)
  • 大動脈瘤ステントグラフト内挿術(EVAR)
  • カテーテル血栓溶解療法(CDT)
  • 人工呼吸器管理(NPPV・NHFを含む)
  • 持続的血液濾過透析(CHDF)

2階 HCU病棟のここがお勧め!

共に学びあい、患者さんを中心に、質の高い看護を提供します

医師や専門看護師・認定看護師、他のコメディカルと連携し、肺動脈カテーテル拡張術(BPA)・カテーテル血栓溶解療法(CDT)といった最新の治療や、緊急入院の患者さんの初期治療、人工呼吸器管理、持続的血液濾過療法(CHDF)、手術後の急性期管理などを行っています。入院や検査・治療による患者さんの苦痛や不安を軽減し、効果的な治療が受けられるよう、患者さんやご家族に寄り添った看護を提供するように心掛けています。HCUには心臓リハビリテーション指導士や人工心臓管理技術認定士、呼吸療法認定士といった有資格者が在籍しており、専門性を持って患者さんのケアに当たっています。毎日、患者さんの状態をカンファレンスし、看護師間で患者さんの情報を共有することで、入院された患者さんの些細な状態の変化に早期に発見し対応するように努めています。
また、緊急で入院される患者さんも多いため、退院後の患者さんご自身やご家族へのサポートが必要となる方に対しては、退院を支援するチームと連携を取りながら退院後の生活を見据えた介入を行っています。

新人看護師からひとこと

患者さんの入れ替わりが多い病棟なので毎日忙しいですが、先輩方に指導していただきながら少しずつできることも増えてきました。同期同士、お互い励ましあいながら頑張っています。

中堅スタッフからひとこと

内科外科を問わず、様々な疾患を有する方を受け入れています。疾患や治療に関する知識だけでなく、安全に配慮した看護技術や療養環境の提供が求められる病棟です。より良い看護を提供するため、日々努力しています。

看護部署紹介

最終更新日 2016年07月19日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ