ホーム > 看護部署紹介 >2階 HCU病棟の看護のご紹介

2階 HCU病棟の看護のご紹介

HCUは、緊急入院となった患者さんやCCUやICUなど超急性期を脱したものの一般病棟では治療が難しい患者さん、また、一般病棟で状態が悪化した患者さん等を受け入れる病棟です。心臓血管内科・心臓血管外科が中心ですが、脳血管内科、小児科、移植部など様々な患者さんに対応しています。
緊急入院の患者さんの初期治療、人工呼吸器管理、CHDF(持続的血液濾過療法)の管理、BPA(バルーン肺動脈形成術)やPCI(経皮的冠動脈形成術)等のカテーテル治療後、EVAR・TEVAR(腹部・胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術)など術後の患者さんの看護を行うと同時に早期リハビリテーション、退院支援の必要性についてのスクリーニング、心不全患者さんの日常生活についての情報収集や指導など、一般病棟で過ごすことができる状態まで回復できるように努めており、いわば集中治療室と一般病棟との橋渡しの役割を果たしています。



【主な疾患】

  • 心不全(心筋症、弁膜症など)
  • 冠疾患(急性心筋梗塞、不安定狭心症など)
  • 肺高血圧症
  • 大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈解離など)
  • 末梢血管疾患
  • 小児疾患
【主な治療・検査】
  • 冠動脈カテーテル治療・検査
  • バルーン肺動脈形成術(BPA)
  • 大動脈瘤ステントグラフト内挿術(EVAR)
  • カテーテル血栓溶解療法(CDT)
  • 人工呼吸器管理
  • 持続的血液濾過透析(CHDF)


2階 HCU病棟のここがお勧め!

HCU病棟には心臓リハビリテーション指導士や人工心臓管理技術認定士、呼吸療法認定士、BLSインストラクターといった有資格者が在籍しており、病棟全体で知識の向上を図り、より質の高い看護が提供できるよう取り組んでいます。また、緊急入院も多く、退院後も継続した支援が必要になる患者さん、ご家族に対しては、退院支援チームと連携し、早期から介入できるよう努めています。

新人看護師から一言

HCU病棟では様々な疾患の患者さんに出会うことができます。まだまだ未熟な私ですが、患者さんからの「ありがとう」を励みに、先輩達に少しでも近づけるよう毎日頑張っています!

中堅看護師から一言

みなさん、こんにちは。私はHCU病棟で働いており、日々、循環器看護にやりがいを感じています。思い通りにいかないこともありますが、看護師のアプローチ次第で患者さんは変わります。是非、HCUで循環器看護を極めてみませんか。



看護師長から一言

HCUでは的確なフィジカルアセスメントによる異常の早期発見、早期対応に努めるとともに、短い期間でも患者さんに満足してもらえる看護が提供できるようにスタッフ一丸となって頑張っています。センター内で、一番多くの診療科を受け入れているので、幅広い知識と技術、経験を求められますが、その分やりがいのある病棟だと自負しております。

看護部署紹介

最終更新日 2018年10月03日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ