mainVisual

ホーム > 循環器看護に必要な国循ミニレクチャー > 第23回 循環器看護に必要な国循ミニレクチャー

第23回 循環器看護に必要な国循ミニレクチャー

今回は脳疾患患者の重要な症状の1つである意識レベルの観察についてのミニレクチャーです。

Q.起床時より右上下肢が動かない患者が搬送されてきました。開眼しており、こちらからの声かけに頷き、「目を開けてください、目を閉じてください」という指示に従うことができますが、何を聞いても「あーうー」しか発語がみられません。 この患者の意識レベルはJCS(ジャパンコーマスケール)では何点になりますか?

Ⅰ桁: 刺激なしでも覚醒。開眼、動作、または会話している
1. 大体意識清明だが、今一つはっきりしない
2. 見当識障害がある
3. 自分の名前、生年月日が言えない
Ⅱ桁: 刺激を加えると覚醒。開眼する、指示に応じる、または言葉で応じるが、刺激をやめると眠り込む
10. 呼びかけで容易に開眼
20. 大きな声またはゆさぶることにより開眼
30. 痛み刺激を加えつつ呼びかけると辛うじて開眼
Ⅲ桁: 痛み刺激にしても覚醒せず。開眼しない、指示に応じない、または発語がない
100. 痛み刺激に対し払いのけるような動作をする
200. 痛み刺激で少し手足を動かしたり顔をしかめる
300. 痛み刺激に反応しない

答えはこちら

次回のミニレクチャーもお楽しみに♪♪

最終更新日 2015年11月18日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ