mainVisual

ホーム > 循環器看護に必要な国循ミニレクチャー > 第15回 循環器看護に必要な国循ミニレクチャー

第15回 循環器看護に必要な国循ミニレクチャー

今回のミニレクチャーは妊娠出産についてのミニレクチャーです。

妊娠出産は、女性にとって幸せな大イベントです。そんな喜びのイベントであるはずの妊娠・出産で命がけの出来事であるということを、ご存じの方はどのくらいおられるでしょうか?理由は様々ですが、その理由の一つとして、母体の基礎疾患の増悪によるものなどがあげられます。
国立循環器病研究センターでは心疾患・脳血管疾患を持ちながら、妊娠出産される方が多くおられます。妊娠・出産のため、心臓や血管に大きな変化が起こり、その変化は循環器病を有する女性にとって大きな負荷となります。主な変化として血液量の変化・脈拍数の変化が挙げられます。
ここで問題です。

Q1.血液量は妊娠に伴いどの程度増加するでしょうか?以下の3択より選択してください。

①約1.2培  ②約1.5培  ③約2.0培

答えはこちら

Q2.妊娠中は循環血液量の増加に伴い心拍数も増加します。どの程度増加するでしょうか?以下の3択より選択してください。

①約1.2培  ②約1.5培  ③約2.0培

答えはこちら

全て答えられましたか?次回もお楽しみに!!

最終更新日 2015年02月10日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ