ホーム > MeDICIプロジェクトについて

MeDICIプロジェクトについて

MeDICI Projectとは

"MeDICI Project"(Medical Device Innovation Circumstances Improvement Project:医療機器イノベーション環境整備プロジェクト)は、「国内の医療機器開発環境の改革」を目指す本事業のニックネームです。
15~16世紀にかけてイタリアで花開いたルネサンス、そこでは様々な異分野の才能が刺激し合い、競い合い、融合し、それまでに類を見ない技術革新が起こりました。その原動力が、メディチ家をはじめとする大パトロンたちです。彼らは全ての進歩的な学芸や優れた才能を愛し、育て、壮大な実験場を提供しました。(ちなみに「メディチ」の語源は「医学」ですが、この時代、まだ医療技術は前時代的なままでした。)
21世紀の今、日本は革新的医療技術を生み出すに十分な力を有しています。しかし、革新へ向かうはずのエネルギーが爆発的、連続的な発展を遂げるための「場」が見いだせず、鬱滞しています。本事業では、技術的な専門分野を問わずあらゆる才能とエネルギーが流れ込み、刺激し合い、融合する、「るつぼ」のような「場」と「仕掛け」とを整備し、革新的技術として顕在化させ、世界に向けて大きく花開かせていきたいと考えています。

MeDICI Projectのマークについて

MeDICI(メディチ) Projectのマーク

このプロジェクトのロゴタイプに示されたマークは、病院・研究所・研究開発基盤センターが三位一体となって取り組むことを青・赤・緑に彩色して表現し、 Medical の「M」と「e」さらに Device の「D」を躍動感あふれる形に図案化したものです。

実施体制

※クリックすると拡大して表示されます。

事業担当者

●主任
病院長 峰松一夫

●副主任
臨床研究部 部長 北風政史
データサイエンス部 部長 山本晴子

最終更新日 2016年05月10日

ページ上部へ