ホーム > トピックス > 心臓植込みデバイス(ペースメーカ等)の遠隔モニタリングをされている方へ

心臓植込みデバイス(ペースメーカ等)の遠隔モニタリングをされている方へ

日本不整脈心電学会より「遠隔モニタリングを行っている患者においては、状態の安定している限り、医療機関への予定デバイス外来受診日を可能な範囲で当面延期するように」という「新型コロナウイルス感染拡大に伴う不整脈診療について」の提言が発表されました(http://new.jhrs.or.jp/covid1/)。

当院でもこの提言に従い、遠隔モニタリングを行っており、状態が安定している方については4-6ヶ月後への外来変更を打診させていただきます。該当する方には順次電話をさせていただきますが、電話番号が変更されておられる等ございましたら、当院へ御連絡いただけたらと存じます。

皆様にはご心配をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年4月10日

国立循環器病研究センター心臓血管内科部門不整脈科
遠隔モニタリングチーム一同

ページ上部へ