ホーム > 診療科・部門のご案内 > 薬剤部 > 2014年 業績

薬剤部

2014年 業績

【論文】

  1. 島本裕子, 福田剛史, 田中一彦, 定光大海, SIRS患者の薬物体内動態におけるARC- Augmented Renal Clearanceの影響:TDMの重要性, TDM研究, 2014;31: 57-61
  2. Hiroki Yagura, Mayu Shibata, Hiroyuki Kushida, Munehiro Yoshino,Izumi Nakata, Tomoko Uehira, Shin-ya Morita, Takuma Shirasaka,Reiko Teraoka, Takeshi Kuwahara, Shuji Kitagawa, Thermal Stability of Tenofovir Disoproxil Fumarate in Suspension, 医療薬学, 2014; 40: 230-236
  3. Yamahara K, Harada K, Ohshima M, Ishikane S, Ohnishi S, Tsuda H, Otani K, Taguchi A, Soma T, Ogawa H, Katsuragi S, Yoshimatsu J, Harada-Shiba M, Kangawa K, Ikeda T, Comparison of angiogenic, cytoprotective, and immunosuppressive properties of human amnion- and chorion-derived mesenchymal stem cells. PLoS One, 2014; 14: e88319

【総説】

  1. 日笠聡, 小島賢一, 桒原健, 山元泰之, HIV感染症治療のガイドラインと抗HIV薬の処方状況の変遷, 日本エイズ学会誌. 2014; 1: 4-11
  2. 岩澤真紀子, 米国の医療現場から学ぶディフェンス戦略, 医療の質・安全学会誌, 2014; 9: 56-62
  3. 和田恭一ほか, レシピ 2014年春号 ケーススタディ「利尿薬」 薬学的管理のポイント, 南山堂, 東京, 2014.138-142
  4. 和田恭一, 心臓移植患者に対する薬剤師の役割, 医療, 2014; 68: 189-193
  5. 高田弥寿子, 柴田龍宏, 河野由枝, 小田亮介, 上ノ町かおり, 長松耕平, 山本幸夫, 庵地雄太, チームで支える 循環器疾患患者の緩和ケア 薬剤師の関わり, 呼吸器・循環器達人ナース, 2014; 35: 85
  6. 岩澤真紀子, 米国で生き残るための自発的な薬剤師育成, 薬事, 2014, 56: 2016-2021
  7. 生駒歌織,和田恭一, 抗不整脈薬を内服する患者への服薬指導のポイント, 調剤と情報, 2014, 20: 1714-1717

【書籍】

  1. 岩澤真紀子 編、Pharm.D.クラブ 著, 「薬剤師のための臨床思考力トレーニング ケースで学ぶ薬物療法」, 南山堂, 東京, 2014

【コラム】

【学会発表】

  1. 橋詰宏美、中野一也、堀田恵美、小原直紘、原田和彦、山下大輔、岩澤真紀子、堀部明美、和田恭一、中村慶、桒原健、三好剛一, 母体を通じた胎児不整脈治療の1症例, 第35回日本病院薬剤師会近畿学術大会, 京都
  2. 向井優太朗、山西香織、生駒歌織、増田瑠美子、和田恭一、中村慶、桒原健, 新規経口抗凝固薬ダビガトランおよびリバーロキサバンの出血性合併症に関する検討, 第35回日本病院薬剤師会近畿学術大会, 京都
  3. 小原直紘、山下大輔、原田和彦、堀部明美、岩澤真紀子、和田恭一、中村慶、桒原健, HPLCを用いたポリ塩化ビニル製点滴ラインに対するニカルジピンの吸着に関する検討,第35回日本病院薬剤師会近畿学術大会, 京都
  4. 岩澤真紀子, 米国の医療現場から学ぶディフェンス~医療安全における薬剤師の役割~, 第35回日本病院薬剤師会近畿学術大会 シンポジウム, 京都
  5. 越智純子、稗田道成、上ノ町かおり、浅田高至、豊政圭未、藤原梨沙、坂東加容子、山西香織、和田恭一、桒原健、 簗瀬正伸、中谷武嗣, 心臓移植後のカテコラミン投与日数と栄養指標の関係, 第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 横浜
  6. 原田和彦, 神谷千津子, 山下大輔, 小原直紘, 堀部明美, 和田恭一, 中村慶, 吉松淳, 桒原健, 心不全を合併した妊婦におけるカルベジロール血中濃度の推移と胎児移行性に関する症例報告, 第78回日本循環器学会学術集会, 東京
  7. 松田紗知, 和田恭一,中川舞子, 越智純子, 岩澤真紀子, 坂東加容子, 山西香織, 中村慶, 桒原健, 堀由美子, 中島誠子, 稗田道成, 渡邉琢也, 角南春樹, 佐藤琢真, 村田欣洋, 瀬口理, 簗瀬正伸, 中谷武嗣, 心移植患者におけるエベロリムス導入によるタクロリムス血中濃度低下が腎機能に及ぼす効果, 第78回日本循環器学会学術集会, 東京
  8. 河野由枝, 高田弥寿子, 菅野康夫, 三宅絵里, 柴田龍宏, 岩澤真紀子, 松村なるみ, 山本幸夫, 長松耕平, 伊藤文代, 安斉俊久, 循環器緩和ケアーチームの活動報告と今後の課題, 第78回日本循環器学会学術集会, 東京
  9. Yuko Shimamoto, Tsuyoshi Fukuda, Chiyong Moon, Alexander A. Vinks, Hajime Ichikawa, Optimal vancomycin dose in neonates and infants with congenital heart
    disease: Developmental trajectory within individuals. 115th American Society for Clinical Pharmacology and Therapeutics annual meeting, Atlanta, USA
  10. 山下大輔, 佐藤友紀, 堀部明美, 原田和彦, 小原直紘, 加峯茂行, 和田恭一, 中村慶, 桒原健, 除蛋白のみによる血中薬物濃度測定法の開発, 日本薬学会第134年会, 熊本
  11. 近藤昭志, 山下大輔, 佐藤友紀, 原田和彦, 小原直紘, 堀部明美, 加峯茂行, 和田恭一, 中村慶, 桑原健, HPLCによる血清中ベプリジル濃度の簡易な測定方法の検討, 日本TDM学会, 東京
  12. 島本裕子, 福田剛史, 文智勇, 桒原健, 市川肇, 先天性心疾患を有する小児におけるバンコマイシン体内動態の検討-個々の発達・成長によるクリアランスの変化, 日本TDM学会, 東京「優秀演題賞」受賞
  13. 島本裕子, 臨床における抗菌薬適正使用を目指した薬剤師主導の臨床研究, 第5回日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会, 神戸
  14. 寺田侑加, 坪田真帆, 関口富美子, 和田恭一, 桒原 健, 髙田充隆, 川畑篤史, Calcineurin阻害薬tacrolimusはTRV1を介してcerulein誘起急性膵炎関連痛を増強する, 生体機能と創薬シンポジウム2014, 大阪
  15. 岩澤真紀子, 米国における薬学教育と薬剤師の役割 ~留学でグローバルな視点を鍛える~, 生体機能と創薬シンポジウム2014, 大阪
  16. 和田恭一, 心臓移植後の免疫抑制療法, 生体機能と創薬シンポジウム2014, 大阪
  17. 松田紗知, 和田恭一, 越智純子, 岩澤真紀子, 坂東加容子, 中村慶, 桒原健, 堀由美子, 角南春樹, 佐藤琢真, 瀬口理, 簗瀬正伸, 中谷武嗣, 心移植患者におけるエベロリムス導入の有用性, 第24回 日本医療薬学会, 名古屋
  18. 木下佐昌子, 和田恭一, 松田紗知, 越智純子, 岩澤真紀子, 粉川俊則, 中村慶, 桒原 健, 坪井志穂, 堀由美子, 中島誠子, 角南春樹, 佐藤琢真, 瀬口理, 簗瀬正伸, 中谷武嗣, 左室補助人工心臓装着患者においてリネゾリドの使用がワルファリンコントロールに与える影響, 第24回 日本医療薬学会, 名古屋
  19. 近藤昭志, 原田和彦, 岩澤真紀子, 和田恭一, 粉川俊則, 中村慶, 桒原健, ワルファリン服用患者に対する簡便なPT-INRモニタリングと薬学的介入に関する研究, 第24回 日本医療薬学会, 名古屋
  20. 岩澤真紀子, 米国の医療現場のディフェンス戦略~薬剤師による医療安全推進, 第24回日本医療薬学会シンポジウム, 名古屋
  21. 喜田孝史, 岸本周子, 河合実, 北村良雄, 和田啓道, 井口守丈, 阿部充, 小川尚, 赤尾昌治, 長谷川浩二, 中尾元紀, アピキサバン投与前後の凝固指標評価の有用性に関する検討, 第62回日本心臓病学会学術集会, 仙台
  22. 木下佐昌子, 林友鴻, 大和幹枝, 岩澤真紀子, 和田恭一, 粉川俊則, 中村慶, 安斉俊久, 桒原健, アミオダロンの適正使用推進ための甲状腺機能異常の発症要因に関する検討, 第18回日本心不全学会, 大阪
  23. 佐藤美和子,轡基治,豊島篤志,森川昭正,瀬戸裕一,佐々木孝雄,渡辺久美子,桒原健,宍戸稔聡,安田聡,下川宏明,被災地域をモデルとして在宅医療を見据えたフィジカルアセスメント研修の実施効果に関する研究,第47回日本薬剤師会学術大会,山形
  24. Shoko Tani, Yoshihiro Miyamoto, Toshihisa Anzai, Shigeki Kuwata, Takeshi Kuwahara, Yasuo Sugano, Toshinari Nakao, Kiyokazu Kawakami, Naoko Ueno, Hiroshi Inada, Kazuo Nakazawa,Development of an online system for elderly patients with chronic heart failure to support their self-management at home, IHEPA2014 Taipei Meeting,Taipei
  25. 谷昇子,宮本恵宏,安斉俊久,桑田成規,桒原健,菅野康夫,中尾寿成,川上清和,上野直子,稲田紘,中沢一雄,在宅における慢性心不全患者Web管理システムの開発,第18回日本医療情報学会春季学術大会,岡山
  26. 寺田侑加, 松井和樹, 坪田真帆, 関口富美子, 和田恭一, 桒原健, 髙田充隆, 川畑篤史, 1Calcineurin阻害薬tacrolimusはcapsaicin誘起結腸痛およびcerulein誘起急性膵炎関連痛を増強する, 126回日本薬理学会近畿部会, 和歌山
  27. 森祐美子, 中屋貴子, 高麗睦子, 和田恭一, 桒原健, 宮下光太郎, 循環器専門病院での血管外漏出予防への取り組み, 第68回 国立病院総合医学会, 横浜
  28. 安藤久美子、山下大輔、小田亮介、岩澤真紀子、和田恭一、中村慶、粉川俊則、桒原健, 内科系心臓血管集中治療室での薬剤師の取り組み, 第68回 国立病院総合医学会, 横浜
  29. 岩澤真紀子, 米国における薬剤師の役割~HIV薬剤師外来での経験を中心に~, 第28回日本エイズ学会学術集会・総会 HIV感染症薬物療法認定・専門薬剤師講習会 講演, 大阪
  30. Makiko Iwasawa, Kyoichi Wada, Kei Nakamura, Takeshi Kuwahara, Prescribing Patterns of Antiulcer Agents among Adult Patients on Low Dose Aspirin at the National Cerebral and Cardiovascular Center in Japan, ASHP2014, USA
  31. Makiko Iwasawa, Ryosuke Oda, Yasuko Takada, Yasuo Sugano, Toshihisa Anzai,, The Analysis of Pharmacy Interventions in a Multidisciplinary Inpatient Palliative Care Service for Patients with Advanced Heart Failure at a Cardiovascular Hospital in Japan, ASHP2014, USA
  32. Yuka Terada, Maho Tsubota, Fumiko Sekiguchi, Kyoichi Wada, Takeshi Kuwahara, Mitsutaka Takada, Atsufumi Kawabata, Effect of tacrolimus on caerulein-induced pancreatitisrelated pain in mice, Pharmacology 2014, London

最終更新日 2015年08月14日

ページ上部へ