ホーム > 診療科・部門のご案内 > 薬剤部 > 2013年 業績

薬剤部

2013年 業績

【論文】

  1. Shimamoto Y, Fukuda T, Tominari S, Fukumoto K, Ueno K, Dong M, Tanaka K, Shirasaka T, Komori K. Decreased vancomycin clearance in patients with congestive heart failure, Eur J Clin Pharmacol. 2013; 69(3):449-457.
  2. 中蔵伊知郎、山下大輔、堀部明美、和田恭一、老田章、小原延章, 佐田誠, 術後急性腎機能障害患者に対しての高用量Liposomal Amphotericin B 長期使用経験, 日本臨床救急医学会雑誌. 2013; 1: 21-24
  3. Yuko Shimamoto, Tsuyoshi Fukuda, Kazuhiko Tanaka, Katsuya Komori, Daikai Sadamitsu, Systemic inflammatory response syndrome criteria and vancomycin dose requirement in patients with sepsis, Intensive Care Medicine, 2013; 39(7):1247-1252.
  4. Hiroko Hachiken, Ai Murai, Kyoichi Wada, Takeshi Kuwahara, Koich Hosomi, Mitsutaka Takada, Difference between the frequencies of antisecretory drug prescriptions in users of buffered vs. enteric-coated low-dose aspirin therapies. Int J Clin Pharmacol Ther. 2013; 51: 807-815.
  5. Shibata M, Takahashi M, Yoshino M, Kuwahara T, Nomura T, Yokomaku Y, Sugiura W, Development and application of a simple LC-MS method for the determination of plasma rilpivirine (TMC-278) concentrations. J Med Invest. 2013; 60: 35-40.

【総説】

  1. 和田恭一, 抗血栓療法における薬学管理のポイント―薬物相互作用を中心に―, 月刊薬事, 2013; 64: 346-352
  2. 老田章, 国立循環器病研究センターにおける病棟薬剤業務実施加算への取り組み, 薬事日報, 2013: 2779: 348-353

【コラム】

  1. 桒原 健, ずいそう, 大阪府病院薬剤師会 OHP NEWS, 2013; 55: 122
  2. 桒原 健, 最先端の,その先へ(病院紹介), 日本病院薬剤師会雑誌, 2013; 49: 890-892

【学会発表】

  1. 越智純子、越智裕之、和田恭一、藤末慎、中野一也、老田章、桒原 健、宍戸稔聡、堀由美子、長岡紀江、瀬口理、村田欣洋、簗瀬正伸、中谷武嗣, Liposormal amphotericin B低用量投与が心臓移植術後の真菌感染症予防に有効であった一例, 第34回日本病院薬剤師会近畿学術大会, 滋賀
  2. 松田紗知、和田恭一、越智裕之、平山真秀、中川舞子、老田章、桒原 健、宍戸稔聡、長岡紀江、堀由美子、瀬口理、村田欣洋、簗瀬正伸、中谷武嗣, 心移植後にミコフェノール酸モフェチル誘発性好中球減少症をきたした2症例, 第34回日本病院薬剤師会近畿学術大会, 滋賀
  3. 小原直紘、山下大輔、堀部明美、原田和彦、山西香織、生駒歌織、田中佑佳、森祐美子、増田瑠美子、和田恭一、老田章、桒原健、鎌倉 史郎, シベンゾリン血中濃度が高値を示した症例の副作用とその要因に関する検討 第34回日本病院薬剤師会近畿学術大会, 滋賀
  4. Yuko Shimamoto, Tsuyoshi Fukuda, Min Dong, Katsuya Komori, Takeshi Kuwahara, Vancomycin pharmacokinetics in patients with congestive heart failure: LVEF as a covariate for vancomycin clearance. 114th American Society Clinical Pharmacology Therapeutics annual meeting, Indianapolis, USA
  5. 高麗睦子、島本裕子、和田恭一、老田章、桑原健, 当センターにおけるトルバプタンの使用状況及び副作用調査 第77回日本循環器学会学術集会, 横浜
  6. 森祐美子、山西香織、和田恭一、老田章、桒原健、槙野久士、岸本一郎, リラグルチドとSU薬の併用状況と低血糖について, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 熊本
  7. 島本裕子、福田剛史、田中一彦、定光大海, SIRS患者の薬物体内動態におけるARC—Augmented Renal Clearanceの影響:TDMの重要性, 第30回日本TDM学会学術集会, plenary session, 熊本
  8. 山下大輔、佐藤友紀、堀部明美、原田和彦、小原直紘、山本祝久、和田恭一、中村慶、桒原健、希釈したアミオダロン注射剤の安定性について Study for stability of diluted Amiodarone injection, 第30回日本TDM学会学術集会, 熊本
  9. 佐藤友紀、原田和彦、山下大輔、堀部明美、山本祝久、和田恭一、中村慶、桒原健, ソタロール血中濃度の高速液体クロマトグラフィー分析方法の検討, 第30回日本TDM学会学術集会, 熊本
  10. 原田和彦、山下大輔、佐藤友紀、堀部明美、和田恭一、中村慶、桒原健, 高速液体クロマトグラフィー法を用いたアミオダロン血中濃度測定法の効率化, 第30回日本TDM学会学術集会, 熊本
  11. 原田和彦、山下大輔、堀部明美、桒原健, 心不全の個別化療法, 第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会 パネルディスカッション, 東京
  12. Kyoichi Wada, Sach Matuda, Junko Ochi, Kei Nakamura, Takeshi Kuwahara, Mitsutaka Takada,Toshiaki Shishido, Yumiko Hori, Michinari Hieda, Takuya Watanabe, Haruki Sunami, Takuma Sato, Yoshihiro Murata, Osamu Seguchi, Masanobu Yanase, Takeshi Nakatani, Circadian pharmacokinetics of everolimus in 16 Japanese heart transplant recipients 13th congress of the Asian Society of transplantation, Moderated Poster, Kyoto
  13. 池田麗、森祐美子、島本裕子、和田恭一、岩川精吾、中村慶、桒原健, 薬剤師の病棟常駐化による処方提案の変化について, 第23回日本医療薬学会年会, 仙台
  14. 中野一也、和田恭一、松田紗知、越智純子、中村慶、桒原健、大原貴裕、宍戸稔聡、堀 由美子、稗田道成、渡邉琢也、角南春樹、佐藤 琢真、村田欣洋、瀬口理、簗瀬正伸、中谷武嗣, LVAS装着患者及び心不全患者におけるアミオダロンの甲状腺機能異常発現頻度の調査, 第23回日本医療薬学会年会, 仙台
  15. 中川舞子、和田恭一、松田紗知、越智純子、中村慶、桒原健、野上毅、山下保喜、堀由美子、稗田道成、渡邉琢也、角南春樹、佐藤琢真、村田欣洋、瀬口理、簗瀬正伸、中谷武嗣, 難治性MRSA感染症に対してDaptomycin感受性低下を認めた1症例, 第23回日本医療薬学会年会, 仙台
  16. 松田紗知、和田恭一、中川舞子、越智純子、坂東加容子、山西香織、中村慶、桒原健、堀由美子、稗田道成、渡邊琢也、角南春樹、佐藤琢真、村田欣洋、瀬口理、簗瀬正伸、中谷武嗣, 心移植患者におけるエベロリムス導入によるタクロリムス血中濃度と腎機能の変化, 第23回日本医療薬学会年会, 仙台
  17. 越智純子、稗田道成、松田紗知、中川舞子、坂東加容子、和田恭一、中村慶、桒原健、堀由美子、瀬口理、村田欣洋、簗瀬正伸、中谷武嗣, 左室補助人工心臓装置患者における抗血栓療法に対する薬剤師の関与, 第23回日本医療薬学会年会, 仙台
  18. Yuko Shimamoto, Tsuyoshi Fukuda, Kazuhiko Tanaka, Katsuya Komori, Daikai Sadamitsu, Increased vancomycin dose should be considered for septic patients without renal dysfunction: Importance of TDM-based dose adjustment in an intensive care unit. 13th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, Salt Lake City, USA
  19. 山西香織、生駒歌織、和田恭一、中村慶、桑原健, リバーロキサバンの出血性副作用と腎機能との関係, 第7回日本腎臓病薬物療法学会学術集会, 広島
  20. 生駒歌織、山西香織、向井優太朗、矢竹敏子、石田 絹代、和田恭一、中村慶、桒原健,  薬剤師病棟配置業務における内服管理介入に向けた取り組み, 第67回国立病院総合医学会, 金沢
  21. 坂東加容子、島本裕子、森岡佐和子、高尾みゆき、坂口幸子、和田恭一、中村慶、桒原健, より積極的な病棟薬剤業務実施に向けた取り組み(薬剤師・看護師協働による業務マネジメントの実践), 第67回国立病院総合医学会, 金沢 ブース内ベストポスター賞
  22.  小島賢一、日笠聡、桒原健、山元泰之, 抗HIV療法と服薬援助のための基礎的調査-抗HIV薬の薬剤変更状況調査(2013年)-, 第27回日本エイズ学会学術集会・総会、熊本
  23.  日笠聡、小島賢一、桒原健、山元泰之, 抗HIV療法と服薬援助のための基礎的調査-治療開始時の抗HIV薬処方動向調査(2013年)-, 第27回日本エイズ学会学術集会・総会、熊本
  24. 島本裕子, 福田剛史, Min Dong, 小森勝也, 桒原健. 心不全患者におけるバンコマイシン体内動態の検討:バンコマイシンクリアランスと心機能の関連. 第34回日本臨床薬理学会学術総会, 東京
  25. 松川 智洋, 同意書完全電子化保管の試み ―スキャン後の同意書は破棄しても大丈夫?―, 第34回 日本臨床薬理学会学術総会, 東京

最終更新日 2014年02月20日

ページ上部へ