ホーム > 診療科・部門のご案内 > 薬剤部 > 2003年 業績

薬剤部

2003年 業績

(口頭発表を除く)

【論文】

  1. Takada M, Terasawa M, Shibakawa M: Risks of hypoglycemia and glycemic controls in patients taking glibenclamide or gliclazide, J Appl Ther Res 4, 19-26, 2003.
  2. Takada M, Demizu M, Shibakawa M: Physicians' prescribing attitudes to combined therapy with statins and fibrates, J Clin Pharm Ther 28, 445-450, 2003.
  3. 高田 充隆、柴川 雅彦:後発医薬品導入による処方動向への影響.医薬ジャーナル, 39, 2959-2964, 2003.

【総説】

  1. 和田 恭一、柴川 雅彦:アミオダロンとジゴキシンの相互作用.治療学, 37, 777-778, 2003.
  2. 小竹 武、柴川 雅彦:薬学的視点からみた動脈硬化性疾患診療ガイドラインの活用 -動脈硬化予防教室の紹介を含めて-.薬局, 54, 2309-2317, 2003.

最終更新日 2011年03月28日

ページ上部へ