ホーム > 診療科・部門のご案内 > 薬剤部 > 2001年 業績

薬剤部

2001年 業績

(口頭発表を除く)

【論文】

  1. Matsumoto K, Ishida S, Ueno K, Hashimoto H, Takada M, Kamakura S, Miyatake K, Shibakawa M: The stereoselective effects of bucolome on the pharmacokinetics and pharmacodynamics of racemic warfarin, J Clin Pharmacol, 41, 459-464, 2001.
  2. Nagaya N, Uematsu M, Oya H, Sato N, Sakamaki F, Kyotani S, Ueno K, Nakanishi N, Yamagishi M, Miyatake K: Short-term oral admnistration of L-arginine improves hemodynamics and exercise capacity in patients with precapillary pulmonary hypertension, Am J Respir Crit Med, 163, 887-89, 2001.
  3. Kusumoto M, Ueno K, Oda A, Nishihori T, Tanaka K: Effects of fluvoxamine on the pharmacokinetics of mexiletine in healthy Japanese males, Clin Pharmacol Ther, 69, 104-107, 2001.
  4. Takada M, Shibakawa M: Efficacy of therapeutic drug monitoring in prevention of hypoglycemia caused by cibenzoline, Eur J Clin Pharmacol, 57, 695-700, 2001.

【総説】

  1. 橋本 博史、柴川 雅彦:不整脈治療薬と患者への説明.薬局, 52, 478-496, 2001.
  2. 和田 恭一、柴川 雅彦:臓器移植に必要な薬剤の使用動向と投与指針 -免疫抑制剤の最近の使用動向と投与指針-.医学のあゆみ, 197, 118-122, 2001.
  3. 小竹 武、柴川 雅彦:薬剤師による患者指導の実践 高血圧患者への服薬指導.薬局, 52, 2345-2362, 2001.
  4. 上野 和行:高血圧の合併症;その予防と治療.薬事, 43, 2803-2808, 2001.
  5. 上野 和行、松元 加奈、鎌倉 史郎:アミオダロンの薬物動態と相互作用に関する最近の知見, Prog, Med, 21, 1554-1558, 2001.
  6. 上野 和行:循環管理におけるTDM;抗不整脈薬.救急・集中治療, 8, 807-818, 2001.
  7. 上野 和行、田中 一彦:TDMの有用性とその実際.救急・集中治療, 8, 795-805, 2001.
  8. 上野 和行:貼付剤-ニトログリセリンテープを中心に-.薬局, 52, 1419-1425, 2001.
  9. 上野 和行:TDM対象医薬品の動態モニタリングと個人差;抗不整脈薬.月刊薬事, 43, 750-758, 2001.

【著書】

  1. 柴川 雅彦(監)、高田 充隆(編)、和田 恭一、老田 章、辻 美里、橋詰 宏美、井上 知美、花房 小百合:循環器用薬の薬物相互作用.医薬ジャーナル社, 大阪, 2001.
  2. 老田 章、高田 充隆、柴川 雅彦:心臓と血管に働く薬.薬の事典, 348-381, 朝倉書店, 東京, 2001.

最終更新日 2011年03月28日

ページ上部へ