ホーム > 診療科・部門のご案内 > 心臓血管内科部門 > 心不全科 > 医療関係者の皆様へ

心不全科

部門の概略

心不全は、虚血性心疾患、心臓弁膜症、心筋症、不整脈、先天性心疾患、高血圧、甲状腺疾患、貧血などの様々な疾患を基礎疾患として発症します。当科では、心不全、弁膜症、心筋症を中心とした臨床および臨床研究を幅広く進めています。心不全、弁膜症、心筋症が疑われる患者さんに対して、心臓超音波、心臓MRIや核医学検査などの画像検査、運動耐容能検査、心臓カテーテル検査並びに心筋生検、遺伝子検査などの検査を駆使して、可能な限り的確な診断を下して最適な治療を選択いたします。また患者様にできる限り丁寧な説明およびフォローアップをしてご満足いただけるよう心がけております。そのほか現行の治療のみならず心不全、弁膜症、心筋症に関する新たな先進医療の開発を目指して臨床研究などに力を注いでおります。

主な診療疾患

心臓弁膜症・突発性心筋症・二次性心筋症・その他の疾患

患者さんの紹介や相談について

心臓弁膜症

当院では弁膜症に対するカテーテル治療に力を入れております。治療対象は大動脈弁狭窄症、僧帽弁狭窄症です。また今後保険適応となる可能性の高い僧帽弁閉鎖不全症に対するカテーテル治療も治験参加施設になっており、当院で国内初症例を安全に行っております。

治療選択が増えることでより患者さんの状態にあった医療を提供できますので、是非ご紹介ください。当院では、主に弁膜症を扱った弁膜症クリニックを開設しておりますので連携室を通じて外来予約をお願いいたします。

心筋症およびその他疾患

移植をも含めた包括的治療を心がけておりますので、是非ご紹介ください。また、閉塞性肥大型心筋症に対するカテーテル治療(アルコール焼灼術PTSMA)も行っております。総合心不全クリニックを開設しておりますので、外科的治療も含め心不全全般に関するご相談は、こちらへご連絡いただけましたら幸いです。

治験・研究情報

  • EARLIER試験 急性心不全治療におけるエプレレノンの効果
  • MitraClip治験 経カテーテル僧帽弁修復術
  • 心機能低下例の心筋生検に関する研究
  • 心不全例の呼気ガスに関する研究

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ