ホーム > 診療科・部門のご案内 > 心臓血管内科部門 > 心不全科

心不全科

診療実績はこちら

部門の概略

心不全とは、心臓の働きが十分でないことが原因で、次第に動悸や息切れ、倦怠感や足の浮腫などを認めるようになり、放置するとやがて息苦しくて横になれなくなる状態をいいます。進行の程度や速さは人それぞれですが、一般的に時間とともに重症化し、難治性となります。突然の発症や急変することも稀ではなく、やがて酸素不足のためや不整脈その他の病気を併発して死に至る危険な状態です。

心不全を悪化させないためには、不具合を明らかにし、適切な治療や対策を早期に行うことが重要です。心不全の主な原因としては、弁膜症や高血圧、心筋梗塞あるいは心筋症、不整脈といった疾患があります。心不全グループは、先進医療も含め、心不全に関する診療全般を担当しており、多くのかたが、検査あるいは治療のために入院されています(2017年度のべ1150人)。

弁膜症に関しては、質の高い検査や最新の情報に基づき、手術時期も含めて最適な薬物・非薬物治療を提案いたします。

心筋症、とくに拡張型心筋症では、内服薬や点滴治療だけではなく、植込型除細動器(ICD)や心臓再同期療法(CRT)、補助循環(IABP, LVAS)、心移植への橋渡しなど、他部門と連携しながら、蓄積された経験に基づいて包括的に診療を行います。

国内屈指の件数を施行している心エコーなど、画像診断における経験も豊富です。


(↑クリックで拡大します。)

また、心不全科ではカテーテルを用いた低侵襲治療:構造的心疾患治療(SHD)にも力をいれています。


特に2018年4月からは僧帽弁閉鎖不全症に対するカテーテル治療MitraClip®が保健適応となりました。当院は治験から参加しており、治験中最多症例数を誇ることから全国でも数少ないトレーニング施設として認められています。

施設認定

  • 日本循環器病学会 循環器専門医研修施設
  • 日本超音波医学会 超音波専門医研修施設

最終更新日 2018年06月11日

ページ上部へ