ホーム > 患者の皆様へ > 病気を予防する > 各種教育入院のご案内 > 腎炎・腎不全教育入院

腎炎・腎不全教育入院

腎臓病は完治が難しい病気であるといわれており、そのまま放置されると腎臓病の悪化を招き、動脈硬化、高血圧などの生活習慣病の合併を引き起こします。腎臓病の進行を遅らせるためには、病気を理解し正しい自己管理が大切です。そのために、当センターでは腎炎・腎不全教育入院を行っています。

様々な医療スタッフによる講義の受講と合併症の評価(脳・心・腎・眼底・動脈硬化)、安静、食事療法を行います。

興味のある方、教育入院をご希望の方はかかりつけ医にご相談ください。

入院のメリット:十分な病気の理解や個々に合った生活指導を受けることができます。

週間講義スケジュール

第1・3月曜日 薬について(薬剤師)
第2・4水曜日 腎臓病の治療(医師)
第1・3木曜日 腎臓病の食事療法(栄養士)
第2・4木曜日 日常生活での注意点(看護師)

主な検査

  • 尿検査 ・腎血流
  • 腎レノグラム
  • 腹部・心臓超音波検査
  • レントゲン ・眼底検査など

最終更新日 2012年02月16日

ページ上部へ