ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 実施中の臨床研究 > 「非弁膜症性心房細動に対するカテーテルアブレーション治療周術期における経口Xa阻害薬リバーロキサバンの有効性及び安全性評価のための登録観察研究」(2014年11月)にご協力いただいた患者さまへ

「非弁膜症性心房細動に対するカテーテルアブレーション治療周術期における経口Xa阻害薬リバーロキサバンの有効性及び安全性評価のための登録観察研究」(2014年11月)にご協力いただいた患者さまへ

標題の研究では、診療情報等のご提供にご協力いただきありがとうございました。
このたび、標題の研究の長期経過の分析を目的として、下記の研究を計画いたしました。この研究は、新たに倫理審査委員会の承認を経て実施するものですが、標題の研究と同じく、個人情報が公開されることはありません。臨床的経過などの診療情報等を研究目的に利用されることを希望されない場合には、下記の問合せ先にお問合せください。ただし、すでに解析を終了している場合には、研究データからあなたの情報を削除できない場合がありますので、ご了承ください。

臨床研究実施計画書名

カテーテルアブレーション治療周術期および術後における経口Xa阻害薬リバーロキサバンの有効性および安全性評価のための後ろ向き観察研究

情報の利用目的

カテーテルアブレーション治療周術期および術後の経口Xa阻害薬リバーロキサバンの有効性と安全性を検討します。

研究実施予定期間

倫理審査委員会承認日~2019年7月

利用する資料・情報等

カテーテルアブレーション治療実施1ヵ月以降遠隔期の抗凝固療法の成績・経過をカルテにて確認させていただきます。

個人情報の取扱い

登録患者の氏名、生年月日、住所、電話番号等の個人データは研究参加施設からデータセンターへ知らされることはございません。
学会、医学専門誌への発表の際にも、患者の氏名など、対象患者を特定できる情報は含まれません。

当院において情報の管理に責任を有する者

国立循環器病研究センター 心臓血管内科・部長 草野 研吾

本共同研究の研究代表者

一般財団法人 黎明郷 理事
社会福祉法人 恩賜財団 済生会熊本病院
心臓血管センター循環器内科 不整脈先端治療部門
最高技術顧問  奥村 謙

問合せ先

国立循環器病研究センター 心臓血管内科 草野研吾
電話06-6833-5012(代表) 内線(8091)

最終更新日 2018年10月09日

ページ上部へ