ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 実施中の臨床研究 > 慢性心不全患者の併存疾患に関する調査研究

慢性心不全患者の併存疾患に関する調査研究

当院心臓血管内科では、心不全入院患者様の入院中の併存疾患について診療録(カルテ)に基づき調査を行っております。
2013年1月から心不全の診断にて入院される患者様を対象に検査所見等の診療情報を診療録(カルテ)に基づき調査させて頂きます。
この調査では、診療情報を個人が特定できないように匿名化して集計、解析し、患者様の個人情報は厳重に保護し、取り扱いには十分に留意し、独立行政機関個人情報保護法に基づき適正に管理しております。またこの研究は、倫理委員会で研究計画書の内容及び実施の適否等について、科学的及び倫理的な側面が審議され承 認されています。対象に該当する患者様で、疑問やご自身の診療情報の使用を希望されない方がおられましたら、下記連絡先、心臓血管内科部門・髙濱博幸までご連絡ください。ご連絡がない場合には、貴重な診療情報を本研究に使用させて頂きます。
診療水準の向上のために、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

研究対象者

2013年1月から2016年12月までに、心不全の診断にて入院された患者様

研究課題名

慢性心不全患者の併存疾患に関する調査研究

研究期間

2013年1月から2018年12月まで

研究代表者および問い合わせ先

研究代表者 髙濱博幸
国立循環器病研究センター
心臓血管内科部門心不全科
〒565-8565
大阪府吹田市藤白台5-7-1
電話:06-6833-5012 (代表)
Fax:06-6872-7486

最終更新日 2015年07月14日

ページ上部へ