ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 実施中の臨床研究 > 国立循環器病研究センターで植込型補助人工心臓を装着された患者様へ

国立循環器病研究センターで植込型補助人工心臓を装着された患者様へ

(研究に関する情報)

当院では、以下の研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の【人を対象とする医学系研究に関する倫理指針】の規定により、対象となる患者様おひとりずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。研究計画を見た対象者から本研究の対象者となることを希望しない旨の申し出があった場合は直ちに当該研究対象者の診療情報を解析対象から除外し、本研究に使用しないものとします。すでに、解析が終了している場合は、研究データから患者様の情報を削除できない場合がありますので、ご了承ください。
この研究に関するお問い合わせなどありましたら、以下の「お問い合わせ先」へご連絡下さい。

研究課題名

Heart MateⅡ®装着患者の術後自立歩行の阻害因子の検討

研究責任者

中里敏之:国立循環器病研究センター 重症心不全・移植病棟看護師

本研究の目的

Hart MateⅡ®装着患者を対象に、術前・術後の諸要因と患者の自立歩行できる状況を比較検討し、術後の自立歩行を阻害する要因を明らかにすることを目的としています。

研究の方法

  • 対象となる患者様
    平成25年4月1日から平成28年6月30日までの間にHart MateⅡ®を装着した患者
  • 研究実施期間
    倫理委員会承認後から平成30年3月31日まで
  • 使用するカルテ情報
    患者)性別、年齢、原疾患、合併症、Heart MateⅡ®植え込み術前の情報、術当日から病棟内自立歩行までの期間における情報

個人情報の取り扱い

お名前、住所など、患者様を直接特定できる個人情報は収集しません。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者様個人名を特定できる情報は使用しません。

お問い合わせ先

国立循環器病研究センター 8階西病棟 担当者 中里敏之
06-6833-5012 (代) 内線2082

最終更新日 2017年12月08日

ページ上部へ