ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 臨床すすむ!プロジェクト > 「くすり」のできるまで > 治験の疑問Q&A

臨床すすむ!プロジェクト

  1. 「くすり」が
    誕生するまで
    »
  2. 治験のながれ»
  3. 治験のルール»
  4. 治験のメリット・
    デメリット
    »
  5. 治験の疑問
    Q&A
治験についての、よくある疑問にお答えしています。もっと詳しく聞きたいことなどはお気軽にお問い合わせください

治験の疑問Q&A

Q1
現在治療してくれている担当医師から「治験に参加してみませんか?」と言われましたが、何となく不安です。参加を断っても今後の治療に影響はありませんか?
A
「影響ありません。従来通りの診察を行います。」従来通りの診察を行いますのでご安心ください。治験への参加は、自由な意思で決めていただけます。患者さんへの治験の説明なく、また説明はあっても患者さんが同意されていない場合、勝手に治験を開始することは法律で禁じられています。また、医師やCRCが無理に参加をお願いすることも決してありません。治験にご参加いただけなかったからといって、今後の治療に何らかの不利益を被ることはありません。

ページトップへ

Q2
治験では新しい「くすり」を使ったり、検査の回数が増えるそうですが、医療費の負担はどうなるのでしょうか?
A
「治験薬と治験に必要な検査について、費用を負担します。」 診察料はご負担いただきますが、治験で使用する「治験薬」は製薬会社から提供されますので、費用は一切かかりません、また、治験のために必要な検査費用も患者さんからのご負担はありません。なお、参加いただいた患者さんには少額ですが負担軽減費をお支払いしています。

ページトップへ

Q3
治験で使われる「くすり」は、まだ厚生労働省の認可を受けていない「くすり」だと聞きました。副作用などの心配はありませんか?
A
「参加者の状態について、万全の検査と細心の注意を払っています。」副作用については、皆さんの現在の体調や過去の病歴、現在使われている「くすり」と併用できるかなども事前に調べた上で治験参加をお願いしています。そして治験を開始する前に、医師やCRCから起こり得る副作用についてご説明します。また、治験中には通常の治療よりも検査回数を増やし、何か普段と違うことが起きていないか、細心の注意を払っています。もし、治験を始めた後に、いつもと違うと感じられた場合は、できるだけ迅速に対応いたします。

ページトップへ

Q4
治験で使う「くすりの候補」による治療と、今までの「くすり」との治療では、どのくらい効果に差があるのでしょうか?また、治験に参加すると絶対によくなりますか?
A
「効果には個人差があり、言い切ることはできません。」 治験で使う「くすりの候補」の効果には、個人差があります。残念ながら、どなたにとっても絶対に効果がある、と言い切れることはできません。「くすり」は、年齢や性別によっても効果が異なります。ある患者さんにとっては、今まで使用されていた「くすり」よりも効果があるかもしれませんし、別の方にとっては以前とほとんど変わらない程度かもしれません。予想される効果については、個々に同意説明(インフォームド・コンセント)を行う際に担当医師やCRCからご説明いたします。

ページトップへ

最終更新日 2010年10月01日

ページ上部へ