ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 臨床すすむ!プロジェクト > そこが知りたい! 臨床研究。 > 第6回 社会のミニチュア

臨床すすむ!プロジェクト

1「倫理委員会」って、ホントは何やってるの?

今回の現場の人

森田 秀樹もりた ひでき

◆国立循環器病研究センター
倫理委員会外部委員(市民の立場)

◆株式会社森田企画 代表取締役/登山ガイド/気象予報士

森田さんは、中学生の頃から山に登っていたという、根っからの登山家。

登山ガイドをされていて、今でも月の半分は山に登り、冬は山スキーのガイドをする一方で、夏はホエールウォッチングのツアーガイドもされているとか。

そんな森田さんは、医師でも研究者でもないのに、倫理委員会の委員をされています。

「倫理委員会って、どんなことをしているんだろう?」

森田さんにお話をうかがうことで、その答えに近づくことができそうです。

第6回 社会のミニチュア

例えば、
「承認されていない薬を使わないと、
この患者さんは助からない」というケース。
「だから、その薬を使いたい」というのがテーマとして上がってきた時に、
「ダメです」とは言えないですよね。
使わないとその患者さんはもう助からないことが明らかだったら。
そうですね。言えませんね。
でも、その判断を倫理委員会に求められたら、
GOサインを出せるだけの理由と証拠を
一緒に出してもらわないとダメなんです。
「一般市民でもちゃんと分かるように、説明資料を揃えてください」と。
医師や研究者が説明して、
一般市民である森田さんを含む委員の方みんなを
納得させてくださいということですね。
だから森田さんは、分からないことはしっかりと質問したり、
誰でも理解できるように文書のチェックをしたりされるんですね。
そういうことです。
倫理委員会は、医師や弁護士などの専門家や、一般市民など、
さまざまな立場の委員がいます。
いわば、社会のミニチュアのようなもの。
だから、そこで全員が納得すれば、
社会全体のみなさんにも納得してもらえるだろうっていう感じですね。
そういうことだと思います。
裁判員みたい、いや、臨床研究の陪審員みたいなものといえば、
みなさんにイメージしてもらえそうですね。
ただ、法律のない領域なんですよ、原則は。
その判断を求められるんです。
「法律に照らしてダメ」というのは、すぐに分かるんですけれど。
簡単に○×が付けられるようなことじゃないですからね。

次回につづきます

今回の出席者「プロフィール紹介」

臨床すすむ
普段は病院で臨床研究に没頭する熱血医師。その情熱が高じて、治験や臨床研究啓蒙のため東奔西走する現代医療のヒーロー。
森田 秀樹
国立循環器病研究センター倫理委員会外部委員(市民の立場)、株式会社森田企画 代表取締役/登山ガイド/気象予報士。

山本 晴子
国立循環器病研究センター、研究開発基盤センター先進医療・治験推進部所属。脳卒中患者を診ること20年の医師。
土井 香
国立循環器病研究センター
研究開発基盤センター
臨床研究部所属。
看護師経験10ウン年を経て、リサーチナースに。

最終更新日 2014年06月09日

ページ上部へ