ホーム > 患者の皆様へ > 臨床研究・治験について > 臨床すすむ!プロジェクト > 「臨床研究」ってどんなこと? > 臨床研究とは?

臨床すすむ!プロジェクト

  1. 臨床研究
    とは?
    »
  2. 臨床研究の先人たち
    Vol.1「コレラ」
    »
  3. 臨床研究の先人たち
    Vol.2「脚気」
    »
  4. 研究倫理の
    原則
    »
  5. 臨床研究の
    流れ
    »
  6. 臨床研究への
    参加
医学研究には、遺伝子研究から心理学まで、いろんな種類があります。その中で、特に人に関わる研究が「臨床研究」と呼ばれていて、様々な方法があります。 観察 採血 治療法 医療機器

臨床研究とは?

臨床研究には、さまざまな方法があります。

観察

観察
日常の生活習慣と病気の発症について観察する

健康な方や高血圧などの軽い病気だけにかかっている方の生活習慣(喫煙・飲酒・食生活)を調べます。さらに、その後数年間(数十年の場合もあります)調べ、どんな病気にかかったか、健康状態はどうかなどを確かめます。そして、生活習慣と病気や健康状態の関係を研究します。

ページトップへ

採血

採血
計画に沿って検査をして、病気のようすを観察する

年齢や病気、症状など一定の条件にあてはまる患者さんに、スケジュールに従って採血などの検査を一定期間つづけ、病気の進み具合を調べます。

ページトップへ

治療法

治療法
いろいろな治療法を比べる

薬を作る時は薬同士を比べますが、例えば狭心症の治療では薬と手術のどちらが良いか比べたり、がんの治療では放射線治療と抗がん剤と手術をどう組み合わせるのが一番良いかを調べたり、いろいろな治療法を比べる研究が行われます。

ページトップへ

医療機器

医療機器
新しい医療機器をつくる

MRIなどの診断をするものから、手術ロボットのような治療をするものまで、医療機器にはいろいろな種類があります。新しい機器ができると、今まで分からなかった病気が診断できるようになったり、治療の方法が大きく変わったりすることがあります。また、安全に使えるかどうか調べることも必要で、そのための臨床研究も行われます。

ページトップへ

最終更新日 2010年12月01日

ページ上部へ