ホーム > 医療関係者の皆様へ > 薬剤部から保険薬局の皆様へ > 院外処方せんの記載変更について

院外処方せんの記載変更について

平成27年8月13日

保険薬局薬剤師の皆様へ

国立循環器病研究センター 薬剤部


平素より、当院発行の院外処方箋に応需いただき、ありがとうございます。

このたび、国立循環器病研究センターでは地域保険薬局との連携の一環として、平成27年9月1日より、保険薬局に対する検査値提示を推奨するため、院外処方せんに下記の案内文を記載することといたしました(サンプル表示)。

当センターでは外来受診の際、血液検査を実施した患者さんに対して、主治医から検査結果を印刷してお渡ししています。これを活用していただくことで、適正で安全な薬物療法推進につながるものと考えます。どうぞよろしくお願いいたします。

なお、当センターの総合検査室で扱う主な検査項目の基準値一覧と、検査項目説明は以下のリンクをご参照ください。

• 総合検査室で扱う主な検査項目の基準値一覧(PDF)
http://www.ncvc.go.jp/hospital/section/treatment/laboratorymedicine/generallabo/blood_kijyun.pdf
• 検査項目説明
http://www.ncvc.go.jp/hospital/section/treatment/laboratorymedicine/generallabo/q001-d1_doc01.pdf

(患者様へ)

主治医からお渡ししている検査値を保険薬局でご提示いただくと、調剤の参考になり、適正で安全な薬物療法推進につながります。
連絡先:国立循環器病研究センター 薬剤部
電話 06-6833-5012(代表)

最終更新日 2015年08月13日

ページ上部へ