ホーム > イベント > 創造的産学連携事業成果シンポジウム

創造的産学連携事業成果シンポジウム

「国際的な医療産業拠点形成に向けた挑戦」
~世界に誇る日本の医療と、それを支える医療機器ビジネスの国際展開の重要性~
(独立行政法人国立循環器病研究センター)

医療分野において、臨床のニーズと市場のニーズとの不一致に起因する事業化への様々な障壁があります。しかしながら、患者数が少なく市場におけるニーズが小さくとも救命・治療が必要な患者さんが存在するのであれば、このような臨床のニーズを満たす医療技術の開発に努めるのが医療機関としての責務でもあります。

独立行政法人国立循環器病研究センター(略称:国循)は、平成22年度から経済産業省「創造的産学連携体制整備事業」に採択されており、上記の課題の解決も踏まえて産学連携の体制整備を目指してきました。そこで、今まで取り組んできた成果やこれまでの活動で得られた知見等を報告するシンポジウムを開催いたします。

本シンポジウムを通じて、臨床ニーズと市場ニーズが一致しないような事例に対して我々はどのように対応するべきなのか、更に産学連携における国内外の調査で得られた知見の共有化や海外とのネットワーク構築をどのように進めていけば良いのか、などの議論を深めたいと考えています。

【日時】2013年1月23日(水)13:00-17:00

【会場】大阪国際会議場 グランキューブ大阪・12階 特別会議場

〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51

http://www.gco.co.jp/ja/riyo/access.html

【主催】独立行政法人国立循環器病研究センター

【参加費】無料(事前申込制;定員になり次第締め切らせていただきます)

【お申込み方法】

「勤務先」「連絡先(住所・電話番号)」「参加者氏名」(※複数の場合は列記)を明記の上、件名を「国循シンポジウムの件」と記載した上で、下記【お問い合わせ先】のメールアドレス宛へお申込みください。

【プログラム】

13:00-13:05

オープニングスピーチ 国立循環器病研究センター 総長 橋本信夫 氏

13:05-13:15

経済産業省創造的産学連携整備事業における趣旨説明

経済産業省大学連携課TLO担当(課長補佐) 山本晋也 氏

セッション1(座長:赤川英毅)

13:15-13:50

・ 国循における産学連携活動について

国循環器病研究センター研究開発基盤センター センター長 妙中義之 氏

13:50-14:15

・ 企業における医療機器に対する考え方(仮)

財団法人医療機器センター 日吉和彦 氏

14:15-14:40

・ 一般国民が抱く"医療機器"とは

朝日新聞社 多賀谷克彦 氏

14:40-15:05

・ 中小企業における医療機器レギュレーション(仮)

研究開発基盤センター 先進医療・治験推進部長 山本晴子 氏

(休 憩 15分)

セッション2(座長:妙中義之)

15:20-15:55

・ BBAMにおける医療機器研究開発の取り組み(仮)

BBAM 代表 デール・ワールストローム 氏

15:55-16:25

・ 異業種から医療機器業種への転換(仮)

ノーマン・ダン 氏

16:25-16:55

・ 国循とBBAMの連携、医工連携の取り組み等

研究開発基盤センター 知的資産部 事業化戦略室長 赤川英毅 氏

16:55-17:00

クロージングスピーチ 研究開発基盤センター 知的資産部長 巽英介 氏

(総合司会:国立循環器病研究センター 研究開発基盤センター 知的資産部 長谷川周平)

※一部演題については演者と調整中

【お問い合わせ先】

創造的産学連携事業成果シンポジウム事務局

(国立循環器病研究センター研究開発基盤センター 知的資産部内)

E-mail: sozo2013.rd@mail.ncvc.go.jp

Tel: 06-6833-5012 内線3210(担当:長谷川)

最終更新日 2013年01月10日

ページ上部へ