ホーム > 医療人の育成 > レジデント・デーのご案内 > 2016年度 > 小川 久雄 理事長からのご挨拶

小川 久雄 理事長からのご挨拶

第7回 レジデント·デー開催に際して

国立研究開発法人 国立循環器病研究センター理事長 小川久雄

小川理事長写真2016年2月1日付で国立循環器病研究センター理事長を拝命いたしました小川久雄です。国立循環器病研究センターは1977年7月に開設されましたので、今年7月から40年目に入ります。当センターは脳卒中と心臓病の患者さんの専門的治療と研究を行っている世界有数の施設です。2013年6月にはJR東海道本線岸辺駅前のいわゆる吹田操車場跡地への移転建替が決定されました。新しい国立循環器病研究センターは、駅に直結した長さ270メートル、幅80メートル、地上10階、地下2階の病院、研究所、研究開発基盤センター、企業·大学等の研究者と共同研究を行うオープンイノベーションセンター(OIC)が一体となった巨大な建物であり、2018年度を目途に移転いたします。センターが移転するエリアは、北大阪健康医療都市(健都)という名称で、当センターのみならず、吹田市民病院や高齢者向け複合居住施設、健康増進広場、さらにはイノベーションパーク等を擁する面積30ヘクタールの医療クラスターとなる予定です。

私はレジデント4期生として1981年から1984年まで勤務しました。今年のレジデントの皆さんは39期生のレジデントです。レジデントの出身地は全国におよび、レジデントと専門修練医の総数は1,900名を超えています。私は、その後2000年から熊本大学循環器内科教授を務め、2011年4月から国立循環器病研究センターの副院長を併任、2015年10月からは専任となりました。

私の循環器内科医としてのスタートは当センターの心臓内科レジデントとしてでした。レジデント生活は徹夜の連続も普通という状況で、本当に体がよく持ったと今でも思っております。しかし、多くの素晴らしい先輩、同僚に恵まれ、循環器内科医としての最高レベルの教育が受けられました。皆さんも「苦しい事が多いほど得られるものも大きい」という事を肝に銘じ精一杯頑張ってください。レジデント生活は皆さんの今後の医師人生の大きな財産になると思います。

最終更新日 2016年05月31日

ページ上部へ