ホーム > 医療人の育成 > レジデント・デーのご案内 > 2016年度 > 藤本 茂(ふじもと しげる)

藤本 茂(ふじもと しげる)

自治医科大学 内科学講座神経内科学部門 教授

脳卒中最前線 ~これまでを振り返って、これからを夢見て~

専門病院における脳卒中医療の中心は救急医療です。多くの脳卒中患者を集め、迅速かつ正確な診断の下、的確な急性期治療を提供し、少しでも多くの患者の脳を救うことが使命です。限られた専門医の数でコメディカルスタッフの協力を得ながら迅速に動ける院内体制の構築、特にrt-PA静注療法への取り組み、超音波診断や臨床研究を通した若手医師やコメディカルスタッフの教育、地域への啓発活動、などに取り組んできました。これらの取り組みの支えとなったのは、国立循環器病センターで培った国循スピリットであり、センターを通して築かれた恩師や仲間との絆であったと思います。このたびそれらの実績を評価頂き、自治医科大学内科学講座神経内科学部門教授を拝命いたしました。これからも臨床医としてひとつひとつの症例を大切にして、若手を育て、大学病院での脳卒中センターの構築に取り組んでいく所存です。

最終更新日 2016年05月31日

ページ上部へ