ホーム > 医療人の育成 > レジデント・デーのご案内 > 2010年度 > 友池 仁暢 病院長(現 名誉院長)からのご挨拶

友池 仁暢 病院長(現 名誉院長)からのご挨拶

レジデント・デー開催にあたって

病院長 友池 仁暢

総合的初期研修から専門的後期研修へ新しい一歩が待ち遠しい初期研修医の皆さんへ

当センターでは昭和53年から3年単位のレジデント研修を行っています。全国から若者が集うこと、指導医は百戦錬磨のプロであること、敷地内に宿舎(随分古くはなりましたが)が完備していることが特徴です。併設されている研究所(論文引用では世界のトップクラスにランク)との連携は勿論のこと、全国の基幹病院との密接なコミュニケーション、世界のトップクラスとの交流など、プラクティスと臨床研究の深さと広がりを誇りとしています。レジデントデーは、次世代のリーダーとして循環器病専門医療のレジデントや専門医として活躍しているレジデントOBとの交流会です。沢山の方の参加を楽しみにしています。

最終更新日 2011年09月29日

ページ上部へ