ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 先輩紹介 > 先輩紹介: 肺循環科

先輩紹介: 肺循環科

心臓血管内科(肺循環科)医師 上田仁

先輩プロフィール

出身地
福岡県福岡市
出身校
琉球大学
卒業年度
2005年
趣味
フットサル(国循にはフットサルチームがあり、毎週活動しています!)
好きな言葉
神は細部に宿る

国循でのキャリア

2008年4月~2011年3月
心臓血管内科 レジデント
2014年4月~2016年3月
心臓血管内科 肺循環科専門修練医
2016年4月~現在
心臓血管内科 肺循環科スタッフ医師
◆なぜ心臓血管内科(肺循環科)を志望されたのですか?

循環器内科の魅力は、急性期疾患から慢性期疾患まで、侵襲的な治療から非侵襲的な治療までと診療の幅が広く、また診断技術や治療の進歩が速いところです。その中でも、肺循環領域は、近年治療面での急激な進歩があり、今後も大きな可能性がある分野です。肺循環疾患診療の魅力は、その希少性から専門性が高く、またその多様性(呼吸器疾患、自己免疫疾患、血液疾患等々幅広い領域と関連)から単一疾患や臓器を診るのではなく全人的な内科医としての総合力が要求されるところです。

◆なぜ国循で研修を受けようと思ったのですか?

教科書やガイドラインでは解決できない多くの疑問を解決したい、そう熱望してセンターでの研修を選びました。“experience”の積み重ねが“evidence”となり、ガイドラインや教科書になります。センターは、最先端の“experience”を多くのエキスパートから学べる、まさに“evidence”が作られていく場所だと実感しました。

◆先生にとって国循はどのようなところですか?

一人一人の患者さんに真摯に向き合い、循環器疾患克服のために努力を惜しまない情熱のある仲間達と巡り会えるところです。また幅広い循環器領域に各々エキスパートからの数多くのレクチャーやカンファランスを通して、モチベーションの高い仲間達と切磋琢磨することで、自分自身が成長できるところです。

◆国循での研修を検討されている皆様へ一言

3年間のレジデント生活は決して楽なものではないですが、共に戦った仲間達、そしてこの充実した3年間は、一生の宝になります。是非、見学に来てセンターの空気を吸ってみてください。


<< 上田先生のとある一日 >>

最終更新日 2017年05月26日

ページ上部へ