ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 先輩紹介 > 先輩紹介: 周産期・婦人科部

先輩紹介: 周産期・婦人科部

周産期・婦人科部 専門修練医 澤田雅美

先輩プロフィール

出身地
大阪府吹田市
出身校
大阪医科大学
卒業年度
2010年度
好きなお酒
ビール、泡盛
休日の過ごし方
ゴルフやキャンプ、山登りに行ったりしています。
◆なぜ周産期・婦人科を志望されたのですか?

学生実習の時、ベテランの産科の先生が「出生証明書にサインする時が一番幸せだ」と言われたのがとても印象深く、産婦人科に興味を持ちました。学生であったにもかかわらず、長時間の婦人科の手術に入らせてもらったり、夜間の分娩や緊急帝王切開に立ち会ったりさせていただき、とても楽しかったので、そのまま大学医局へ入局しました。

◆なぜ国循で研修を受けようと思ったのですか?

学生の時の院外実習で、初めて国循へ来て、1か月間勉強させていただき、今は上司となった先生方に、とても良くして頂きました。重症心疾患の妊娠管理や先天性心疾患について学び、あまりにもハイリスクである事に驚いたのと、医師となってさらに国循で学びたいと思っていました。

◆先生にとって国循はどのようなところですか?

学生の頃から、将来は国循で研修を受けたいと考えていました。周産期の分野へ興味を持つようになったのも、国循に来たことがきっかけです。産科の基礎的なことから患者さんに対する姿勢まで、ほとんどの事を国循で学びました。

◆国循での研修を検討されている皆様へ一言

国循では、他の施設では経験することのできないハイリスク妊娠や珍しい症例を経験することができます。しかしその一方で、分娩や妊娠管理の基本事項もしっかり学ぶことができます。周産期科のメンバーは、スタッフ、レジを問わずとても仲が良く、同僚の先生方から学ぶことはとても多いです。ぜひ一緒に働きましょう!


<< 澤田先生のとある一日 >>

最終更新日 2017年06月16日

ページ上部へ