ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 各部門のカリキュラム > 小児循環器・周産期部門 > 小児循環器・周産期部門(成人先天性心疾患コース(小児循環器医コース))専門修練医コース  概要

小児循環器・周産期部門(成人先天性心疾患コース(小児循環器医コース))専門修練医コース  概要

印刷用PDF


概要

医療の進歩で約9割の先天性心疾患を抱える小児が成人期を迎え、日本を含めた先進諸国では成人が先天性心疾患外来の半数を超える現状にある。従って、先天性心疾患患者の総合的医療達成には成人先天性心疾患患者の治療、管理を習得することは今後の成人心疾患領域での重要かつ必須な医療分野である。このような現状から日本小児循環器学会の分科会であった成人先天性心疾患研究会から日本成人先天性心疾患学会が発足した。本修練医コースは、これらの医療現状を踏まえ、小児循環器医が循環器内科(肺循環、不整脈、心不全、冠疾患)、心臓血管外科(手術適応、術後管理)、産婦人科(妊娠,出産)など多くの科の医師との間で密接な連携を行い、病変が多岐に渡る成人先天性心疾患患者に対しより質の高い診療と教育研修を目指す修練医制度である。

先天性心疾患を主な対象とする成人心疾患の医療では、極めて多彩な疾患が対象となり、診断手技や治療法も多岐にわたる。したがって、これらの知識や技術の習得には多大の努力が必要であるが、最も肝要なことは自ら直接これらの患者、診断法、治療法を体験することである。このため、成人先天性専門修練医研修プログラムでは、経験すべき必須項目と努力項目を設定した。将来的に日本成人先天性心疾患専門医制度が確立された場合にもその経歴として十分通用する研修プログラムを目指している。

対象者

原則として、新生児および乳幼児期の管理治療を含む国立循環器病研究センターでの小児循環器研修終了者、あるいはそれに相当する臨床経験を有する小児循環器医を募集対象とする。

最終更新日 2017年06月28日

ページ上部へ