ホーム > 医療人の育成 > 専攻医・専門修練医研修プログラムについて > 各部門のカリキュラム > 心臓血管内科部門 > 心臓血管内科部門(冠疾患科) 到達目標

心臓血管内科部門(冠疾患科) 到達目標

印刷用PDF


主な到達目標

  1. 胸痛の鑑別を行うことができる
  2. 虚血性心疾患における血行再建の適応を決定する
  3. 独力でCAG・左室造影・右心カテーテルを安全に実施できる
  4. 指導医による指導のもと、冠動脈カテーテルインターベンション(PCI)の手技を学ぶ
  5. 冠動脈CT、心臓MRI、MRA、および負荷心筋SPECT画像を読影する
  6. 病態、原因に基づいた急性・慢性心不全の治療方針を立て、実践する
  7. 心肺運動負荷試験(CPX)を理解し、心臓リハビリテーションの適応を学び、運動処方を行う
  8. 虚血性心疾患に合併した弁膜症の治療方針の選択を学ぶ
  9. 虚血性心疾患に合併した不整脈の治療方針の選択を学ぶ
  10. 虚血性心疾患に合併した代謝疾患(家族性高コレステロール血症・糖尿病など)の診断、治療方針を学ぶ
  11. 急性心膜炎の診断、治療を学ぶ

最終更新日 2017年06月07日

ページ上部へ