ホーム > 医療人の育成 > レジデント・アウォード、ティーチング・アウォード > ティーチング・アウォード > 平成23年度 ティーチング・アウォード受賞者

平成23年度 ティーチング・アウォード受賞者

このたびスタッフを対象とし「ティーチング・アウォード」を実施いたしました。レジデント・専門修練医への教育・研修の質を向上させるため、また指導・教 育を行うスタッフのモチベーションを高めるために、レジデント・専門修練医と指導医の相互評価は不可欠です。平成23年度の受賞者は次の13名です。 ティーチング・アウォードについて詳細はこちらをご覧ください。

野口 輝夫 (心臓血管内科)

大郷 剛 (心臓血管内科)

相庭 武司 (心臓血管内科)

市川 肇 (小児心臓外科)

戸田 宏一 (心臓外科)

宮下 史生 (脳血管内科)

梶本 勝文 (脳神経内科)

片岡 大治 (脳神経外科)

阿部 忠朗 (小児循環器科)

大宮 浩揮 (麻酔科)

森田 佳明 (放射線部)

中村 敏子 (高血圧・腎臓科)

植田 初江 (臨床病理科)

 

ティーチング・アウォードについて

【評価目的】

・レジデント・専門修練医と指導医の相互評価により教育・研修の質を向上させるため。

・指導医のモチベーションを高めるため。

【評価方法】

一人の指導医を複数名のレジデント・専門修練医が評価する。

評価するレジデント・専門修練医は無記名とする。

部長、プログラムディレクターを評価対象者とするか、またレジデント・専門修練医が誰を評価するかはプログラムディレクターに一任する。

最終更新日 2012年08月06日

ページ上部へ