ホーム > 医療人の育成 > レジデント・アウォード、ティーチング・アウォード > ティーチング・アウォード > 平成29年度 ティーチング・アウォード受賞者のコメント

平成29年度 ティーチング・アウォード受賞者のコメント

和田 暢 先生 (心臓血管内科)

和田 暢先生

この度はティーチングアウォードをいただき、大変光栄に存じます。日頃よりご指導いただいております先生方、コメディカルの方々に心より感謝致します。私は不整脈科の専門修練医としてセンターの門を叩きました。センターでの研修時代で得られる経験と出会いは、何物にも代えがたい一生の財産であると思います。頼もしく、厳しくも温かい指導医がセンターにはたくさんおられます。現在は私もレジデント、専門修練医を指導する立場になりました。未熟ではありますが、これまでご指導いただいた素晴らしい先生方に少しでも近づき、後輩医師達の成長の手助けができるよう、努力していきたいと思います。

濱谷 康弘 先生 (心臓血管内科)

濱谷 康弘 先生

約1年前から国立循環器病研究センターのスタッフになりました。経験も浅く、レジデント出身でも無い自分に務まるのだろうかとプレッシャーを感じながら過ごす毎日でした。その中で、当センターで受け継がれてきた伝統や、知識・技術を出来る限り吸収しようと心掛け、またほんの少しだけでもいいから後進に伝えていければ、と考えていました。それが良い指導となっているかは分かりませんが、多くのレジデントの先生のために、ひいては当センターに来られる患者さんのためになっていれば嬉しいです。

医学の世界は日進月歩で、医師一人で出来る事は限られてきていると感じます。多くのレジデントの先生方やスタッフの先生方、またコメディカルの方々ともコミュニケーションを取りながら、ともに教えあって日々成長していきたいと思っています。そして、レジデントの先生方が、自分をはるかに超える存在に成長していけば、(ほんの少し悔しい事ではありますが)これに勝る喜びはありません。

中尾 一泰 先生 (心臓血管内科)

このたびは大変栄誉ある賞をいただき心より感謝申し上げます。
私は、レジデント時代を当院で過ごしました。当時の私は、ここで自分がどれほど多くのことを学ぶことになるのか知る由もありませんでした。かけがえのない仲間との切磋琢磨、すばらしい先達の先生がたの導きなど、当院の恵まれた環境の中で、「自分が自分の想像を超えて成長する」、そのような得難い経験をさせていただきました。そして、現在は、自分がスタッフとして、レジデントの先生とチームで診療にあたるようになり、レジデントの先生方が目の前の病気を抱えた人の治療のために細に分け入り対処し、そして時に大きな視点から俯瞰して考える力を身に着けていくのを目の当たりにしています。私自身も生涯学び続けている立場でありますが、レジデントの先生方とお互いを尊重しながら診療や研究に従事する中で、レジデントの先生方におとずれる「ブレークスルー」に少しでもおおく立ち会える機会があれば本当にうれしいことだと思っています。
「私たちは自分たちが知らないことを知らない。」これからも気付きを共有していきたいと思います。

黒田 健輔 先生 (移植医療部)

黒田 健輔 先生

この度はティーチングアウォードという栄誉ある賞を頂きありがとうございます。私は移植医療部の専門修練医を経て、現在の立場にいますが、専門修練医であった頃は目の前にいる重症心不全症例や補助人工心臓を装着した症例、そして心臓移植を行った症例に対し、スタッフの先生方にはマネージメントに加えチーム医療の大切さを学びました。私自身はまだまだ未熟者ですが、現在はスタッフとしてレジデントの先生方と関わることができることを大変嬉しく思います。センターのレジデントの先生方は勉強熱心で情熱にあふれ、私自身も日々刺激を受け、彼らから学ぶことも多い毎日です。私たちの医療はチーム医療であり、その中でレジデントの先生方と日々ディスカッションを行いながら、より良い診療ができるように今後も努力していきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

福嶌 五月 先生 (心臓外科)

井上 陽介 先生 (血管外科)

この度は若輩者の自分にこのような賞をいただき、まず日々診療を共にしている皆様に感謝いたしたいと思います。
さて、「三つ子の魂百まで」と申しますが、特に外科学では、この言葉の重要性を痛感致します。心臓血管外科専門医は、外科専門医資格の上位に位置し自分自身、胸部・腹部外科を2年してから心臓血管外科の道へと進みました。多少回り道かもしれませんがその経験は大変貴重なもので、正に自分の恩師と言える先生方に、ハサミの持ち方から手術に向かう心構えまで手取り足取り教えていただき、それらの中から自分が役にたったと思えることを後輩に伝えている毎日です。
当センターのレジデントプログラムを応募する後輩みなさんは、僕のような回り道をすることなく直接心臓血管外科を選んでいる方が少なくありません。それは、プロフェッショナルへの近道と基礎の欠落という光と影を見ているように思えてなりません。その方々に日々伝えたいと思っているのは、「よい癖をつけること」と思っています。まさに駆け出しの彼らにどこでも通用する「よい癖」をつけていただき、将来的に彼らもまたそのよい魂を受け継いで、後輩に伝えていける素晴らしい心臓血管外科医師になって欲しいと願ってやみません。

園田 和隆 先生 (脳血管内科)

園田 和隆 先生

この度はティーチング・アワードに選出頂き、大変光栄に思います。また、関係者の方々に心より感謝申し上げます。私は常勤医の中では学年も若く、多くの指導医の先生と比すると、まだまだ修養が及ばない点が多くございます。それ故、今後もレジデントの先生と一緒に学ぶ姿勢で、自身のブラッシュアップを図りつつ、レジデントの先生に良い指導ができるよう努力する所存です。今後共どうぞよろしくお願いいたします。

岡﨑 周平 先生 (脳神経内科)

岡﨑 周平 先生

この度はティーチングアウォードの栄誉を頂き、大変光栄に存じます。国循に赴任して約2年になりますが、日々難しい症例に頭を抱えながら共に悩み、共に足掻いてきたレジデントの先生方からこのような評価をいただけたことは望外の喜びです。国循で最先端の知識や技術を学ぶことはもちろん大切ですが、医学の進歩は目まぐるしく、数年後には時代遅れの知識・技術になってしまうことも少なくありません。レジデントの先生方には、治療方針を巡る日々の議論の中で、最新の情報・知識を得る方法や論理的・批判的思考、それに続く新しいエビデンス創出までの道筋をぜひ学んで欲しいと考えています。試行錯誤の毎日ですが、「脱皮できない蛇は滅びる」というニーチェの言葉を胸に、レジデントやスタッフの先生方と切磋琢磨しながら、最先端のその先へ新たなチャレンジを続けたいと思います。

伊藤 嘉朗 先生 (脳神経外科)

伊藤 嘉朗 先生

このたびは栄えあるティーチング・アウォードをいただきましてありがとうございました。私は脳血管外科を勉強するつもりで国循に参りましたので、ティーチング・アウォードという形で評価をいただくことは大変うれしくおもいます。
私自身は、これまで指導する立場よりも教わる立場の方が長かったので、技術や経験を指導できるほどの立場ではありません。外科医はどうしても主観や感覚に頼ってしまうことがありますが、できるだけ客観的に考えることを心がけ、一歩先を見据えて冷静な対応を取る様にしています。物事を言葉で伝えることはあまり得意ではないので、若手の先生から意見が言い出せる環境を作り出せるように専念しています。
若手以上に自分が勉強していないと若手を指導することはできません。今回の受賞はさらに精進するように励ましの言葉をいただいているものと思います。若手の先生方にしめしがつけられるような行動を心がけていきたいと思います。

北野 正尚 先生 (小児循環器科)

北野 正尚 先生

この度はこのような賞を頂き、有り難うございました。大変光栄なことと思っております。私は、小児循環器領域におけるカテーテル治療を発展させることが自分の天命と感じております。当院で診療している小児循環器疾患の患者数は、日本では最多です。そのカテーテル治療は数、質ともにトップであり続けたいと思いながら、日々集中して診療しております。更に、デバイスラグは仕方ありませんが、新しい治療の手技・方法・戦略などを世界にも発信して行きたいと常に思いながら、レジデントの先生方にはエビデンスを築いて行くこともNational centerの役目と伝えております。今後も心臓血管外科、小児循環器科、産婦人科からなる小児循環器グループが発展してゆくよう、皆で協力して、頑張ります。有り難うございました。

釣谷 充弘 先生 (周産期・婦人科部)

釣谷 充弘 先生

この度はティーチング・アウォードを頂き、大変光栄に存じます。2016年に研究休職の1年間アメリカ・ドイツで得た知識を国立循環器病研究センターの先生たちと共有出来たらなあと考えています。指導医としてまだまだ至らない部分もあり、日々お世話になっているスタッフやレジデントの先生方に感謝しています。国立循環器病研究センター周産期科は時には緊急対応が必要になる症例や、じっくり方針を考える症例など多彩で貴重な経験の出来る場だと思います。患者さんの為に日々の疑問を一緒に考えていく中で診療の楽しさを伝えていけるように、より一層の努力を続けたいと思います。

金丸 栄樹 先生 (麻酔科)

金丸 栄樹 先生

この度は身に余る光栄な賞を頂きまして、心より感謝申し上げます。私は2年間のレジデントを経てスタッフになりました。そのレジデント時代に一から循環動態の管理方法や考え方を紐解き教えてくださったスタッフの先生方にはまだまだ及ばない点が多数あります。今回の受賞に関しましては、日々お世話になっておりますスタッフの先生方、修練医やレジデントの皆さんからの叱咤激励として受け止めさせて頂き、今後もこれまでご指導頂きました先生方に少しでも近づけるよう精進していきたいと思っております。

大畑 洋子 先生 (動脈硬化・糖尿病内科)

この度は、ティーチングアワードという身に余る賞をいただき、大変光栄に存じます。この受賞は日々サポートくださっている先生方、コメディカルの方々のお陰であり、皆様に心より感謝申し上げます。当科は、心臓内科や脳内科のレジデントの他科の先生方がローテートすることも多く、生活習慣病部門ならではのライフスタイルへの介入について、臨床心理士の先生やコメディカルの方と一緒に治療法について細かくディスカッションすることを大切にしています。勤勉な先生方から鋭い質問が出ることも多く、こちらが教えられることも多々あり、私もまだまだ勉強中です。今後もレジデントの先生方に負けないよう、生活習慣病の改善・循環器病の発症予防に向けて、日々精進していきたいと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

最終更新日 2017年08月29日

ページ上部へ