ホーム > 医療人の育成 > レジデント・アウォード、ティーチング・アウォード > レジデント・アウォード > 平成22年度レジデント・アウォード受賞者

平成22年度レジデント・アウォード受賞者

このたびレジデント・専門修練医を対象とし「レジデント・アウォード」を実施いたしました。これは臨床研修において知識・手技・経験・医師として必要な基本姿勢と態度など、達成しなければならない目標を確認するためのものです。平成22年度の受賞者は次の12名です。レジデント・アウォードについて詳細はこちらをご覧ください。

ベスト専門修練医

最優秀賞: 牧元 久樹 (心臓血管内科)
優秀賞: 中澤 哲郎 (放射線部)
準優秀賞: 丸山 大輔 (脳神経外科)
準優秀賞: 堂前 圭太郎 (心臓血管外科)

ベストレジデント(レジデント3年目)

最優秀賞: 福田 真弓 (脳血管内科)
優秀賞: 佐藤 元 (心臓血管内科)
準優秀賞: 祢津 智久 (脳血管内科)
準優秀賞: 鎌倉 令 (心臓血管内科)

レジデント奨励賞(レジデント1年目、2年目)

伏谷 建二 (心臓血管内科)
土井 洋平 (高血圧・腎臓科)
三宅 啓 (小児循環器科)
稲冨 佑弦 (麻酔科)

レジデント・アウォードについて

【評価目的】

臨床研修において知識・手技・経験・医師として必要な基本姿勢と態度など、達成しなければならない目標を確認するため。

【評価方法】

評価は、(A) レジデント1年次および2年次、(B) レジデント3年次、(C) 専門修練医1年次および2年次 の各研修期間において、研修医の自己評価、指導医からの評価、看護師からの評価 を行う。

【選定経過】

指導医評価および看護師長評価の各項目の総点で1位および各部のプログラムディレクターから推薦の両方を満たしたレジデントまたは専門修練医を選出し、その中から院長、副院長、教育・研修部からなるレジデント・アウォード選考委員会で厳正に審査した結果、第一回レジデント・アウォード受賞者として12名を選出いたしました。
(内、・接戦の場合は自己評価表を期限までに提出した人を優先した。
・3位が接戦の場合は準優勝を2名選出した。
・レジデント1年目、2年目は順位をつけず、全員奨励賞とした)

最終更新日 2012年04月16日

ページ上部へ