ホーム > 医療人の育成 > レジデント・アウォード、ティーチング・アウォード > レジデント・アウォード > 平成30年度レジデント・アウォード受賞者のコメント

平成30年度レジデント・アウォード受賞者のコメント

ベスト専門修練医 最優秀賞:菅根 裕紀(心臓血管内科)

菅根 裕紀(心臓血管内科)

この度は名誉ある賞をいただき大変光栄です。この場をお借りして、お世話になった国循の全ての皆様に深く御礼申し上げます。 以前は高知県の急性期病院で働いていましたが、循環器の急性期治療について、伝統ある国循のCCUで学んでみたいと思い飛び出してきました。 2年間はあっという間でしたが、たくさんの人に助けられながら機械的循環補助を中心とした集中治療について、大変多くのことを学ぶことができました。 この2年間は自分の人生の中でも忘れられない、非常に密度の濃い時間になったと思います。今後は国循で学んだことを活かして、自分の循環器診療をとことん突き詰めて行きたいと思っています。 本賞は自分には大変身に余る思いであり、非常に恐縮ですが、その名に恥じぬよう、日々精進を続けたいと思っております。今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

ベスト専門修練医 優秀賞:樋口 慧(放射線部)

樋口 慧(放射線部)

この度はレジデント・アワードという名誉ある賞を頂き誠にありがとうございます。 このような賞を頂いたのは日々熱心にご指導いただいている放射線部の先生方や、ご協力頂いている診療放射線技師、看護師の皆様のおかげです。また、ステントグラフト手技や肺動脈拡張術でご指導いただいている血管外科、肺循環科の先生方、低線量心臓CTやMRI撮影にご協力頂いている小児科の先生方にはこの場をお借りして御礼申し上げます。 放射線部は非常に雰囲気が明るく、自分の興味のある領域に積極的にチャレンジすることができる素晴らしい環境で、日々自分の成長を感じることができています。これからもこの研修で学んだことを活かして、患者様や各診療科の先生方のお役に立てるよう精進していきたいと思います。今後とも、御指導御鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。

ベスト専門修練医 準優秀賞:松坂 優(周産期・婦人科)

この度は素晴らしい賞に選出いただき、誠にありがとうございます。1年間の研修を通じて、胎児心疾患や母体合併症妊娠について詳しく学ぶ機会を得ることができました。また1件1件の分娩にじっくりと関わることで、分娩時に母体に起こる生理学的な変化や細かな分娩・疼痛管理など、新たな視点を持って分娩に臨むことができました。ご指導いただいた先生方、支えていただいているコメディカルの皆様に心より感謝申し上げます。 周りの先生方の高いモチベーションと探究心に刺激され、充実した日々を過ごしています。続く1年もますます精進して参りたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ベスト専門修練医 準優秀賞:井 建一朗(脳血管内科・脳神経内科)

この度はこのような栄えある賞をいただき誠にありがとうございます。大変誇りに思います。この場を借りて、日ごろよりご指導いただいている脳血管内科、脳神経内科の先生方をはじめ、国循の先生方、医療スタッフの皆様に厚く御礼申し上げます。2年前、私は急性期脳血管障害に関して、右も左もわからない状態で九州から大阪に足を踏み入れました。臨床研究をしたこともない私に、高名な先生方から基本中の基本から懇切丁寧に教えていただきました。臨床におきましても、最先端の治療やアセスメントを日々の診療で目の当たりにし、新しい発見の毎日でした。国循の一員になれたという経験は私の一生ものの財産です。国循で学んだことを糧に今後の人生も怠けることなく精進します。今後ともよろしくお願い致します。

ベストレジデント 最優秀賞:藤田 恭平(脳血管内科・脳神経内科)

藤田 恭平(脳血管内科・脳神経内科)

この度は、栄誉ある賞を頂き、大変光栄に思います。 このような受賞の機会を頂くことができたのも、熱意を持って指導してくださったスタッフの先生方をはじめ、同年代のレジデントの先生方、コメディカルの皆様のおかけだと感じております。この場をお借りして御礼申しあげます。 国循での3年間は、脳卒中診療に必要な多くの知識、技術を日々の臨床で学ばせて頂いたのはもちろんですが、多数の学会発表や論文作成など、学術面でも貴重な経験をさせて頂きました。また、高い志を持って臨床や研究に取り組む同年代の医師と出会えたことは国循で得られた一番の財産となりました。 脳卒中診療は日進月歩で進化しており、日々研鑽に努めなければなりません。今後もこの賞に恥じぬよう、国循での経験を活かし、少しでも日本の脳卒中診療の発展に尽くせるように精進して参りたいと思います。 本当にありがとうございました。

ベストレジデント 優秀賞:中川 頌子(心臓血管内科)

中川 頌子(心臓血管内科)

この度は素晴らしい賞を頂きありがとうございます。いつも懇切丁寧にご指導頂いている諸先生方、支えてくださるコメディカルの皆様、未熟な私を助けてくれるレジデントの仲間に心から感謝申し上げます。母校での初期研修を終えたばかりで循環器内科の経験ゼロの状態からのスタートで、自分の無知を思い知り、手技の未熟さ、要領の悪さにあえぐ悪戦苦闘の毎日でしたが少しずつ分かることやできることが増えて「苦しい」が「楽しい」に変わるようになりました。この3年間さまざまな症例を経験し国際学会発表や論文作成の機会にも恵まれました。しかしそれ以上にひとつひとつの症例に真摯に向き合い、この患者さんのことなら誰にも負けないという気持ちで取り組む姿勢が自然に身についたことが最も大きな収穫だったのではないかと感じております。これからもこの賞を励みに努力していきたいと思います。今後ともご指導よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

ベストレジデント 準優秀賞:月永 理恵(周産期・婦人科)

このたびはこのような素晴らしい賞を頂き、大変光栄に存じます。 多くの指導医の先生方のもとで学ばせていただけた事はとても貴重な経験となりました。また、同世代と思えないほどの優秀な先輩方や同期・後輩レジデント、常に高い意識を持っているコメディカルの方々からも、大変多くの刺激をうけ、様々な事を学ばせて頂きました。ここでの出会いを一生の財産とし、今後もレジデント・アウォードの名に恥じぬよう精進してまいりたいと存じます。ありがとうございました。

レジデント奨励賞: 安藤 大祐(脳血管内科・脳神経内科)

この度は栄誉ある賞をいただき大変光栄に存じます。 優れたスタッフ医師のご指導のもと、全国から集まったレジデント仲間と切磋琢磨し3年間を過ごしたことは、非常に貴重な経験となりました。臨床医として大切な知識,技術を数多く学ばせていただきました。 日頃より熱心に指導してくださった脳内科の先生方、コメディカルの方々にこの場をお借りして深く御礼申し上げます。これからもこの賞に恥じぬよう精進していきたいと思います。3年間ありがとうございました。

レジデント奨励賞:鴨川 徳彦(脳血管内科・脳神経内科)

鴨川 徳彦(脳血管内科・脳神経内科)

この度はこのような栄誉ある賞に選出していただき、誠にありがとうございます。日頃よりご指導いただいております脳血管内科、脳神経内科の先生方、他科の諸先生方、コメディカルの皆様並びに臨床、研究を支えていただいております他職種の皆様に、この場をお借りして深く御礼申し上げます。 国立循環器病研究センターに赴任し1年が経過しますが、臨床においても研究においても学ぶことが非常に多く、充実した日々を過ごすことが出来ました。目の前の課題の多さに挫けそうになることもありましたが、患者さんに真摯に向き合う先生方の姿勢や、苦楽を共にする同年代のレジデントの存在は、とても励みになりました。今回の受賞に恥じぬよう引き続き研鑽を積み、センターの一員として地域の医療、また日本の脳卒中医療に貢献できるように努力致します。今後ともご指導よろしくお願い致します。

レジデント奨励賞:岡田 明大(脳神経外科)

この度はレジデント・アウォードに選出いただきありがとうございます。指導医の先生方をはじめコメディカルの方々にご評価いただき大変光栄に思いますのと共に深く感謝申し上げます。 当センターに赴任し約2年が経過しますが、数多くの経験を積ませていただきました。急性期の血管障害はもちろん、小児もやもや病、硬膜動静脈瘻や脳動静脈奇形など、他施設ではあまり経験できないような症例を経験でき、充実した日々を過ごすことができました。また症例一例一例に対するロジカルな治療戦略や診療・治療に対する姿勢・取り組みなどは学ぶべき点が多く、日々勉強になりました。 当院で得られた経験を活かし、今後も精進して参ります。今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

レジデント奨励賞:小野 譲数(心臓血管外科)

この度はこのような栄えある賞をいただき大変光栄に思います。 日々ご指導いただいている皆様のおかげと存じます。深く感謝申し上げます。 2年前、初期研修を終えたばかりで心臓血管外科は疎か外科医としてのスタートすら切っていない状態で当院へ入職しました。例年のように同期となるレジデントもいない状態でしたが、先輩のレジデント、スタッフの先生方には大変温かくしていただき、充実した研修生活を送っております。 これからも、この賞を励みに一層の努力を続けていきます。変わらぬご指導・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

レジデント奨励賞:矢作 武蔵(麻酔科)

レジデント奨励賞:入江 研一(脳血管内科・脳神経内科)

この度はこのような賞を頂き大変光栄に思います。普段の業務や研究に対しては精一杯行っているつもりでもまだまだ未熟な点も多く、指導医の先生方やレジデントの先生方、コメディカルの方々にはご迷惑をおかけしておりますが、今後ともこの賞にふさわしい成果を納めるべく努めて参りたいと存じます。今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。

最終更新日 2019年04月09日

ページ上部へ