ホーム > 医療人の育成 > レジデント・アウォード、ティーチング・アウォード > レジデント・アウォード > 平成23年度レジデント・アウォード受賞者のコメント

平成23年度レジデント・アウォード受賞者のコメント

ベスト専門修練医最優秀賞: 佐藤 琢真(移植部)

佐藤 琢真

この度の受賞を大変光栄に思います。
国循で勉強したい一心で、人脈も、バックグラウンドもなく飛び込んだ自分を受け入れて下さり、分け隔てなく鍛錬して下さる全ての関係者の皆様に、感謝申し上げます。学べば学ぶほど自分の無知を思い知る毎日ですが、困難な状況においても真摯に治療に携わるスタッフ、向上心とプライドを持ったレジデントの先生方に囲まれ過ごす毎日に、身体の奥底からモチベーションが沸き上がり、日々励まされております。
限られた研修期間ではありますが、このような環境に身を置ける有難さを改めて自覚し、今後も一層の努力を続けていきたいと思います。最後になりましたが、医師になって以来自分を指導して下さった先生方、日々支えてくれる家族に心より感謝致します。
重症心不全・移植部 修練医 佐藤琢真

ベスト専門修練医優秀賞: 桑島 謙(麻酔科)

桑島先生

この度はこのような素晴らしい賞を頂き光栄に存じます。
期待と不安を抱きながら国循に足を踏み入れて早1年ですが、熱心なスタッフの先生方からは非常に多くのことを指導して頂き、また同期達とはお互い励まし合いながら意欲的に仕事をすることができました。また、外科系を中心とした他科の先生方やコメディカルの方々にも様々なご迷惑をおかけした1年ではありましたが、日々貴重な経験をさせて頂きました。皆様にこの場を借りて深く感謝致します。
今回の受賞で満足することなく更に知識と経験を深め医師として幅を広げて参りたいと存じます。

ベスト専門修練医準優秀賞: 天野 達雄(脳血管内科)

天野 達雄

このたびは素晴らしい賞をいただき大変光栄に思います。
国立循環器病研究センターに勤務し始め4年が経とうとしています。当初、初期臨床研修後にセンターに勤務することを不安に感じておりましたが、峰松副院長、豊田部長を初め指導医の先生方、先輩レジデント、コメディカルスタッフに支えられ、大変充実した4年間を過ごせています。特に、同期のレジデントは良き相談相手であり、良きライバルでもあり尊敬できる存在で、センターで得た1番の財産と感じています。
今回の賞は、周りの先生方があっての賞と感じています。今後は、この賞に恥じぬよう精進し、後輩レジデントにセンターの素晴らしさを伝えていきたいと思います。

ベスト専門修練医準優秀賞: 磯崎 誠   (脳神経外科)

磯崎 誠

この度はこのような素晴らしい賞をいただき、誠にありがとうございます。大変光栄に存じます。私は2年間、専門修練医として研修させていただきましたが、ここでの2年間は今までの研修のなかで一番内容の濃いものであったと感じております。臨床診療はもちろんのこと、臨床研究や学会発表、論文作成など幅広く学ぶ機会に恵まれました。
また、ここには同年代の先生方が多く、そのため症例検討などお互い気軽に意見を交わし合い、刺激し合いながら楽しく仕事させていただきました。今後の医師としての人生の中で、ここでの研修は大きな自信となりましたし、今回のアウォード受賞は大きな誇りとなりました。この賞の名に恥じぬようにこれからも精進して参りますので、今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

ベストレジデント(レジデント3年目)最優秀賞: 船迫 宴福(心臓血管内科)

船迫 宴福(心臓血管内科)

大変栄誉ある賞を受賞でき、感謝しております。初期臨床研修が終わり、カテーテルに触ったこともなければ心エコーすらまともにできなかったのに国循の門を叩いた3年前が昨日のことのように思えます。循環器の知識と経験を積んだ同期や先輩に囲まれ、ただでさえ市中病院では見ることもないような患者さんを目の前に、最初は大変苦労したことを覚えています。
しかし、気づけばそのような貴重な症例はすべて経験値を積むことや国内外での学会発表へとつながり、いつしか宝の山と思えてくるようになっていました。臨床に向き合うことが本当に楽しく充実した3年間になったと思います。世界的にも有名な指導医の先生方との交流やレクチャー、優秀な先輩や同期、後輩との有意義なディスカッション、非常に専門性の高いコメディカルの技や知識、学会や研究会での本当に多くのOBの先生方との新たな縁等々、思い切ってこの病院に飛び込んで受けた恩恵は計り知れません。
今回の受賞を今後の糧に、これからも充実した診療、研究に邁進していきます。

ベストレジデント(レジデント3年目)優秀賞: 島田 勝利(心臓血管外科)

島田 勝利

この度は素晴らしい賞を頂き、誠に有難うございます。御指導を頂きました心臓血管外科をはじめ、各科スタッフの先生方、コメディカルの皆様方、また多くの時間を共有した志の高い優秀なレジデントの先生方に支えられ、この3年間のトレーニングを修了することが出来ました。心より感謝申し上げます。3年間で、非常に多くの手術症例を経験させて頂き、また臨床研究を国内外の学会や誌上で発表する機会を与えて頂きました。このような素晴らしい環境で心臓外科トレーニングのスタートを切れたことを幸運に思いますし、また誇りに思います。そして何よりも次の課題と、それに向かうモチベーションを得られたことが、最も重要な収穫であったと感じています。国循レジデント出身として、その名に恥じぬよう、日々修練に励みたいと思います。

ベストレジデント(レジデント3年目)準優秀賞: 神吉 秀明(脳神経内科)

神吉 秀明

この度は名誉あるレジデント・アウォードに選出頂きまして大変光栄に存じます。
最先端の診療を求めて当センターにレジデントとして来て早3年が経過しました。この3年間を振り返りますと決して楽ではなく、むしろつらい事が多かったですが、臨床や研究、その他にも非常に多くの事を経験させて頂きまして、自分自身が成長することが出来、とても有意義な期間であったと思います。これもひとえに全国から集まった優秀かつ意欲的な同世代のレジデントや専門修練医、ご指導して頂きました先生方、コメディカルの皆さんのおかげだと、大変感謝しております。
今年の4月からは専門修練医となりますが、今回の受賞に恥じぬようにより一層精進して行くつもりですので皆様今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

ベストレジデント(レジデント3年目)準優秀賞: 坂本 真里(心臓血管内科)

レジデント奨励賞(レジデント1年目、2年目): 中田 康紀(心臓血管内科)

中田 康紀

この度は第2回Resident awardに選出して頂き大変光栄に思います。
この賞を受賞できたのも日本を代表する素晴らしいスタッフ・やる気のある同年代のレジデント・意識の高いコメディカルの中で仕事をさせて頂くことができたおかげだと考えております。この場をお借りて感謝申し上げます。
これからもスタッフとの連携を密にし、コメディカルからの情報を汲み取ることで、患者さんにとって常にベストな選択が出来るように心がけたいと考えております。
今回は賞を頂くことが出来ましたが、循環器臨床力はまだまだ未熟なものであり、これからもより一層精進していきたいと思います。

レジデント奨励賞(レジデント1年目、2年目): 塚田 正範(小児循環器科)

塚田 正範

この度、レジデントアウォードに選出して頂き、大変光栄に思います。
今回の受賞は、熱心に指導してくださるスタッフの先生方、モチベーションの高いコメディカルのみなさん、一緒に研修に励むレジデント、支えてくれる家族のおかげと考えております。この場を借りて御礼申し上げます。
研修を始めた当初は複雑な血行動態、長く続く診断名、自分より高年齢の患者さんに戸惑うことが多々ありましたが、スタッフの先生方の指導を受けながら研修を行っていくうちに戸惑いはなくなり、小児循環器という分野の奥深さに引き込まれるようになりました。それと同時に自分の無知、未熟さをより痛感するようになりました。
これからの1年は、日々行っている診療、カンファレンスなど国立循環器病研究センターでの時間を大切にし、またその診療が最先端であることを自覚し、今後にいかに活かせるかを意識しながら、研修に励んでまいります。
まだまだ未熟ですが、今後もより一層精進していきたいと思います。

レジデント奨励賞(レジデント1年目、2年目): 尾﨑 達哉(高血圧・腎臓科)

尾﨑 達哉

今回、レジデント・アウォード奨励賞に選んでいただき、大変光栄に思うとともに、驚いております。自らの不勉強のため、河野部長をはじめ高血圧・腎臓科の指導医の先生方や、ローテートでお世話になっている各科の先生方には多大なるご迷惑をおかけしており、まさか自分が選ばれるとは思ってもおりませんでした。今でも本当に私が選ばれてよいのかと自問するばかりです。
今回の選出は、熱心に御指導いただき、歩みの遅い私を成長させてくださった先生方や、診療を行うにあたり協力してくださったコメディカルスタッフの方々のおかげだと感じています。まだまだ未熟で、これからもセンターでの研修は続いていきますし、医療を行っていく上では何年たっても日々研鑽が必要と感じています。
今後も、患者さんの目線になって考えること、他職種の方々の協力があってはじめていい医療が行えることを忘れずに、研修を進めていきたいと思います。

レジデント奨励賞(レジデント1年目、2年目): 奥田 直樹(心臓血管外科)

特別賞: 藤並 潤(脳血管内科)

藤並 潤

このたびは素晴らしい賞をいただきありがとうございます。
この賞を受賞できたのは、多大なご配慮、ご協力を下さりました先生方やコメディカルの皆様のおかげだと考えております。この場を借りて御礼申し上げます。
3年間、脳血管内科のレジデントとして臨床、研究ともに多くの貴重な経験を積ませていただき、本当に感謝致しております。また、同期のレジデントをはじめ、かけがえのない仲間と出会えたことが、最大の宝物であると感じています。
今後も、国循脳卒中診療チームで研修を積んだ者としての自覚を持って、精進していきたいと思います。本当に、ありがとうございました。

最終更新日 2012年04月18日

ページ上部へ