ホーム > 国循チャンネル > 第6回 国循 市民公開講座

第6回 国循 市民公開講座

第6回 国循 市民公開講座
(2013年6月22日 千里ライフサイエンスセンター)

座長講演

座長講演 山田 修

国立循環器病研究センター 小児循環器科 医長
山田 修

2013年6月22日に千里ライフサイエンスセンターで開催した「第6回 国循 市民公開講座」での座長講演です。
心臓の形態や働き、先天性心疾患とは何か、および先天性心疾患の頻度について解説し、第6回市民公開講座の演目を紹介いたしました。

動画を見る

胎児とあかちゃんの心臓病

胎児とあかちゃんの心臓病 黒嵜 健一

国立循環器病研究センター 小児循環器科 医長
黒嵜 健一

2013年6月22日に千里ライフサイエンスセンターで開催した「第6回 国循 市民公開講座」での講演です。
当センター小児循環器集中治療室(PICU)での新生児乳児の心臓病の治療と治療後の流れ、胎児期における心疾患診断、新生児乳児の心臓病の種類、及びこれらの治療法としてのカテーテル、手術、CT検査について解説しました。

動画を見る

こどもの心臓病

こどもの心臓病 白石 公

国立循環器病研究センター 小児循環器科 部門長
白石 公

2013年6月22日に千里ライフサイエンスセンターで開催した、「第6回 国循 市民公開講座」での講演です。
先天性心疾患のさまざまな症例と学校生活について、川崎病の症状や問題点、小児心臓移植の最新の動向と問題点、乳児特発性僧帽弁腱策断裂の調査など国循小児循環器科の取り組みについて解説しました。

動画を見る

心臓病の子供がおとなになったら

心臓病の子供がおとなになったら 大内 秀雄

国立循環器病研究センター 小児循環器科 医長
大内 秀雄

2013年6月22日に千里ライフサイエンスセンターで開催した「第6回 国循 市民公開講座」での講演です。
先天性心疾患の子供は手術で病状が良くなったとしても治っているわけではないため、不整脈や心不全を引き起こしやすく、また糖尿病など生活習慣病にもなりやすい傾向があります。病気を理解し、予防し、情報を共有することの大切さを解説しました。

動画を見る

手術後遠隔期の生活について

手術後遠隔期の生活について 市川 肇

国立循環器病研究センター 小児心臓外科 部長
市川 肇

2013年6月22日に千里ライフサイエンスセンターで開催した「国循 第6回 市民公開講座」での講演です。
幼少期に先天性心疾患の手術を国循で実施したのち、成人してから心不全や不整脈を発現しながらも就職・結婚・出産等を経験した患者様の実例から、先天性心疾患の遠隔期の問題について解説しました。また、当該患者様にお越しいただき、対談形式で経験をお話しいただきました。

動画を見る

心臓病患者さんの妊娠と出産

心臓病患者さんの妊娠と出産 吉松 淳

国立循環器病研究センター 周産期・婦人科 部長
吉松 淳

2013年6月22日に千里ライフサイエンスセンターで開催した「第6回 国循 市民公開講座」での講演です。
心臓病患者さんの妊娠、出産に伴うリスクや、妊娠や胎児の予後に影響を与える心疾患等について分かりやすく説明しています。

動画を見る

最終更新日 2013年09月26日

ページ上部へ