ホーム > 病気について > 心臓弁膜症

心臓弁膜症

心臓には血液の逆流を防ぐため、4つの弁があります。心臓弁膜症とはこの弁が炎症や外傷、一部先天性のものなどによって血液の流れが妨げられ心臓の活動にさまざまな支障をきたすものです。

  1. 弁膜症について
  2. 異常の早期発見
  3. 日常生活の留意点について
  4. 食事について
  5. 手術を受けられた方へ

1. 弁膜症について

hrt-07-01s.jpg
拡大表示できます。(62KB)

弁膜症には閉鎖不全症と狭窄症とがあります。

狭窄症・・・弁が癒合して狭くなり弁が開く時に血液の流れが妨げられるもの
閉鎖不全症・・・弁が閉鎖する時、不完全に閉鎖するため逆流を起こすもの

(1)僧帽弁狭窄症

僧帽弁が充分に開かないため左心房から左心室へ送られる血流が障害されます。その結果、左心房の血液がたまり左心房に血のかたまり(血栓)が形成されやすくなります。また、肺にも水がたまり心不全につながります。

(2)僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁が完全に閉じないため左心室から大動脈へ送られる血液の一部が左心房へ逆流するため、適切な量を大動脈へ送り出そうとする左心室に負担がかかり心肥大をきたします。進行すると心不全につながります。

(3)大動脈弁狭窄症

大動脈弁が充分開かないため左心室から大動脈へ送られる血流が障害され左心室への負担が大きくなります。そのため、送りだされる血液の量も少なくなり心筋も酸素不足となります。

(4)大動脈弁閉鎖不全症

大動脈が完全に閉じないため、大動脈へ拍出した血液が再び左心室へ逆流します。そのため左心室への負担が大きくなり心肥大が起こります。そして進行すると心不全につながります。

その他、三尖弁膜症、肺動脈弁膜症などがあり、二つ以上の弁が障害されている場合を連合弁膜症といいます。

2. 異常の早期発見

(1)心不全

心臓のポンプの働きが(何らかの原因で)弱くなり、全身へきれいな血液を上手に送れない状態です。末梢(足)などに水がたまります。これにより種々の症状がでてきます。

  1. 尿量が減る、体重が増える。
  2. むくみ。血液のめぐりが悪くなって水分が体にたまる。
  3. 息切れ呼吸がしにくい。
  4. 消化器症状。食欲低下、吐き気、消化不良、体がだるい、肝臓のあたりが重い。
  5. 咳が出やすい。
  6. 痰が出やすい。(痰の色は淡いピンクで泡状)

詳しくは"心不全"をご参照下さい。

(2)不整脈

期外収縮や、心房細動、心房粗動などの不整脈を合併することがあります。

(3)血栓塞栓症

弁膜症は、血栓(血のかたまり)が出来やすくなっています。血栓予防のために抗凝固療法が行われることがありますが、まれに血液の流れにのって体の各部位に血栓がつまること(塞栓症)があります。つまりやすい部位として、脳、腹部腎臓、手足の血管などがあります。

塞栓症状としては

舌のもつれ、めまい、手足のしびれ、脱力感、半身麻痺、眼の症状(物が二重に見える、視野の一部が欠けるなど)
腹部・腎臓 腹痛、腰痛
手・足 指先のしびれや痛み、冷たくなる、青くなる。

などがあります。

brn-04-01s.jpg
拡大表示できます。(57KB)
brn-03-01s.jpg
拡大表示できます。(56KB)

(4)感染性心内膜症

感染性心内膜炎の代表的なものは、細菌性心内膜炎です。
細菌性心内膜炎は弁の細菌感染による心疾患で、血液に侵入した菌が心内膜とりわけ弁膜に感染巣をつくります。そうすると発熱が続き、さらに弁機能不全症状、塞栓症状を合併する恐れがあり、手術が必要な場合もあります。
感染の誘因には、歯科治療、風邪、上気道炎、外傷などがあげられます。原因不明の発熱が続く場合には、早めに受診して下さい。

3.日常生活の留意点について

(1)運動や労作について

自覚症状を目安にして、心臓に負担をかけるような運動や労作は避けましょう。

(2)水分制限について

水分の摂り過ぎで心臓に負担をかけないようにしましょう。水分制限のある人は、飲料水量を測定し、制限範囲を守りましょう。

(3)塩分制限について

体の中に塩分が入り過ぎると、体の中に水分がたまり心臓に負担をかけ、むくみの原因の一つとなります。塩分を控えた食事を心掛けましょう。

詳しくは"減塩について"をご参照下さい。

(4)体重測定について

毎日、同じ条件で体重測定をしましょう。(起床時、排尿後が良い)

(5)尿量、排尿回数について

いつもと同じくらいの量、または、回数がでているか毎日チェックしましょう。

(6)十分な睡眠と休養について

無理な運動や働き過ぎ、睡眠不足、精神的ストレスは心不全増悪のきっかけになります。過労を避け、十分な睡眠や休養をとるように心掛けましょう。

(7)便通について

水分制限や利尿剤の内服などにより、便秘ぎみとなります。便秘による排便時の怒責は血圧を上昇させ、心臓への負担を増加させます。食物繊維、果物、牛乳、ヨーグルトなどをとり、規則正しい排便習慣をつけましょう。

(8)入浴について

風呂に入るとき寒くないよう脱衣所や、洗い場を、暖かくしてから入浴しましょう。熱いお湯は、心臓に負担がかかり血圧も上がりますから、40度位のややぬるめのお湯に入り長湯をしないようにしましょう。入浴の30分前から浴槽のふたを開けておくと湯気で風呂全体を暖めるので良いです。

(9)寒さについて

暖かい所から急に寒い所へ出ると、血管が収縮し、血圧が上がります。特に冬は室内と外気との差をなるべく少なくするようにしましょう。
具体的には外出時、マスク、マフラー、手袋などで肌の露出部分を少なくする居間と浴室、便所の温度差が少ないよう暖房や着衣に気を付ける。
夏、冷房が効き過ぎた部屋からそうでない所へ出る時にも血圧を上昇させるので、外気との温度差が5度以上にならないよう気を付けましょう。

(10)嗜好品について

少量のお酒なら精神的な緊張を和らげ、睡眠をとりやすくし、ストレス解消にも良いとされています。しかし、多量のアルコールは心臓の負担になり、動脈硬化を促します。たばこに含まれるニコチンは、血管を収縮させるとともに、心臓を必要以上に働かせる作用をします。できれば禁煙をお薦めします。

詳しくは"動脈硬化"をご参照下さい。 詳しくは"飲酒、喫煙と循環器病"をご参照下さい。

(11)感染予防について

風邪をひかないようにしましょう。風邪などの呼吸器感染は、肺うっ血を起こし、発熱などで全身の代謝が進み、それにともなって心拍出量も増加し、心臓の負担になります。外出後はうがい、手洗いをしましょう。歯を抜くときは、担当医に相談して下さい。

(12)夫婦生活について

夫婦生活は、普通にしてかまいませんが、心臓に負担がかかることもあります。
妊娠すると、普通の人でも体の中の血液量が増え、心臓に負担のかかった状態になります。弁膜症を持つ妊婦では、それ以上に心臓にかかる負担が大きいため、心不全を起こしやすいので医師との充分な相談が必要です。

詳しくは"心不全"をご参照下さい。

4. 食事について

日々の生活の糧となる食事は、循環器とも密接なかかわりを持っています。
このかかわりを知り、バランスのとれた食事をとることで、症状がおさえられることも少なくありません。
何に注意して、どのようにして食べたら良いのか、基礎知識をきちんと把握して、さっそく実践してみましょう。

詳しくは"食事について"をご参照下さい。

5. 手術を受けられた方へ

(1)術後合併症

a.人工弁機能不全症

弁が壊れたり、変形、硬化したりすることによって、人工弁の機能が低下することがあります。症状としては、尿量の減少、手足や顔のむくみ、たんが増える、夜間まっすぐな姿勢のまま寝ると息苦しい、などの心不全症状や溶血による血尿、貧血などがあります。

b.人工弁心内膜炎

人工弁の細菌感染による疾患で発熱が続き、さらに人工機能不全、塞栓症状を合併する恐れがあり、再手術が必要な場合もあります。そのため、原因不明の発熱が続く場合には、直ちに受診して下さい。
細菌感染の原因としては、歯科治療、風邪、上気道炎、外傷などがあげられます。特に抜歯には注意して下さい。ふだんよりうがいなど励行し、感染予防に努めましょう。

c.血栓塞栓症

人工弁は生体にとって異物であり、そのため血栓(血の塊)ができやすくなっています。血栓予防のために、抗凝固療法が行われることがありますが、まれに血液の流れにのって身体の各部位に血栓がつまること(塞栓症)があります。つまりやすい部位として、脳、腹部、腎臓、手足の血管などがあります。塞栓症状としては

舌のもつれ、めまい、手足のしびれ、脱力感、半身麻痺、眼の症状(物が二重に見える、視野の一部が欠けるなど)
腹部・腎臓 腹痛、腰痛
手・足 指先のしびれや痛み、冷たくなる、青くなる。

などがあります。

d.創部感染

創部の下(筋肉)は、身体の中で溶ける糸を使っていますが、稀にその糸が残り感染を起こすことがあります。その場合は創部が赤く腫れる、熱がある、痛むといった症状がでます。

e.肝炎

稀に輸血が原因で、肝炎を起こすことがあります。1~5ヶ月間の潜伏期間があるため、手術後1~5ヶ月ごろに下記の症状がでた場合は受診して下さい。

  • 体調が良くない
  • 頭痛がする
  • 食欲がない
  • 吐き気がある
  • 肌が黄色っぽい
  • 眠れない
  • 眼球黄染(白目が黄色くなる)

最終更新日 2011年11月04日

ページ上部へ