ホーム > 病気について > 心臓弁膜症

心臓弁膜症

1. 心臓弁膜症の種類

人間の心臓は、左心室・左心房・右心室・右心房の4つの部屋に分かれており、それぞれの間にドアのように働く「弁」があります。心臓弁膜症とは、弁が加齢・感染症・外傷・先天的(生まれつき)などの問題によって正常に機能しなくなることで、心臓のポンプ機能に様々な支障をきたした状態を言います。

<4つの心臓弁>

弁の名称弁の位置
僧帽弁 左心房と左心室の間
大動脈弁 左心室と大動脈の間
三尖弁 右心房と右心室の間
肺動脈弁 右心室と肺動脈の間

弁は本来、血液が流れるときに開き、流れ終わったら閉じて、血液が逆流しないように機能します。しかしながら、何らかの理由で弁の機能に異常が起きると、弁の開きが悪くなり血液の流れが悪くなる状態(狭窄症)や、正常に閉じなくなることで逆流を起こしてしまう状態(閉鎖不全症=逆流症)になることがあります。

<主な心臓弁膜症の種類>

主な心臓弁膜症の名称主な原因
狭窄症
弁の開きが悪くなり、血液の流れが悪くなっている状態
大動脈弁狭窄症 加齢に伴う変性・硬化、先天性(二尖弁、四尖弁など)、炎症性変化など
僧帽弁狭窄症 リウマチ熱に伴う変性、加齢に伴う硬化、動脈硬化性など
閉鎖不全症(=逆流症)
弁が正常に閉じないために、逆流を起こしている状態
大動脈弁閉鎖不全症 加齢による変性、先天性(二尖弁、四尖弁など)、大動脈弁輪拡張症、結合織異常、自己免疫疾患(大動脈炎症候群、慢性関節リウマチなど)、感染症(感染性心内膜炎)など
僧帽弁閉鎖不全症 僧帽弁逸脱症、加齢に伴う変性、感染症(感染性心内膜炎)、外傷、二次性(心筋梗塞・心筋症・心房細動などによる心拡大に伴うもの)

2. 心臓弁膜症の検査

心臓弁膜症は、診察時の聴診による心雑音や、心電図異常がきっかけで指摘をされることが多い病気ですが、正確な診断やその重症度の評価には、心臓超音波検査(心エコー検査)が必要になります。
心臓超音波検査は、胸に超音波ゼリーを付けて、肋骨の隙間から心臓の状態を観察します。超音波検査の良いところは、痛みを伴わず、放射線による被ばくもなく検査ができることです。

3. 心臓弁膜症の主な症状

心臓弁膜症と診断を受けても、長らく無症状でおられる患者様も少なくありません。しかしながら、下記のような症状が出てきた場合には、治療を検討します。
また無症状の患者様においても、心臓超音波検査で進行が認められた場合などには、無症状のうち手術が推奨されている弁膜症もあります。そのため、定期的な診察と心エコー検査等で慎重な経過観察を行います。

① 心不全

心臓のポンプ機能が正常に働かなくなり症状をきたした状態が心不全です。心臓弁膜症は心不全の原因の一つとされています。心不全の代表的な症状は、息切れ、むくみ、体重増加などです。そのような症状を伴う場合には、治療が推奨されます。ー心不全について詳しくはこちら

② 不整脈

一部の弁膜症は、進行とともに不整脈を合併することがあります。特に僧帽弁閉鎖不全症や僧帽弁狭窄症では、心房細動などの不整脈を合併することがあり、その場合には、動悸や息切れなどの症状を伴うことが少なくありません。不整脈を合併した心臓弁膜症でも、治療が推奨されることがあります。

③ 感染性心内膜炎

一部の弁膜症では、体内に侵入した細菌が、心臓内に住み着きやすいことが知られています。そのような弁膜症をお持ちの患者様では、歯科処置やその他観血的処置をする際に、感染性心内膜炎予防のための抗菌薬(抗生物質)の使用が勧められています。細菌により急に弁が破壊された場合には、急激に症状が悪化することもあります。

心臓弁膜症の治療

最近まで心臓弁膜症の治療は、ごく一部を除き、外科手術による弁置換術や弁形成術しかありませんでしたが、ここ5年ほどの間に、カテーテルを用いた心臓弁膜症の治療が大きく進歩しています。様々な心臓弁膜症の治療法を紹介します。

<主な心臓弁膜症の治療>

治療法の名称治療法の説明主に対象となる心臓弁膜症
外科手術
弁形成術・弁置換術 弁形成術は、ご自身の弁を残しながら、逆流をきたしている弁を「修理」する手術法です。弁置換術は、壊れてしまった弁を人工弁に取り換える手術です。人工弁には、生体弁と機械弁の2種類が使用されます。当院では、手術をより低侵襲で行うための「ミックス手術」や「ロボット手術」も積極的に行っています。
心臓外科:疾患の解説と治療法
弁膜症と人工弁も参照ください。
すべての
心臓弁膜症
カテーテル治療
経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI/TAVR) 大動脈弁狭窄症の患者様に対して、2013年から国内で認可された治療法です。現在2種類の弁が使用可能です。また、当院では大腿動脈アプローチ以外の、他の場所からの治療も多数施行しています。

大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療
経カテーテル的大動脈弁置換術も参照ください。
大動脈弁狭窄症
経カテーテル的僧帽弁修復術(マイトラクリップ
MitraClip)
僧帽弁閉鎖不全症の患者様に対して、2018年4月より国内で認可された治療法です。当施設では2016年の国内治験から治療を行った経験があり、既に多数の患者様にこの治療を施行しています。

僧帽弁閉鎖不全症に対するカテーテル治療
循環器病あれこれ:[113] 弁膜症外科治療の最前線も参照ください。
僧帽弁閉鎖不全症
経皮的僧帽弁裂開術(PTMC) 僧帽弁狭窄症に対し、井上バルーンという特殊なカテーテルを用いて行う治療法です。僧帽弁狭窄症の患者様自体が日本では減少傾向にあるためこの治療が施行可能な施設は限られておりますが、当センターでは豊富な経験数を有し現在も多くの患者様に治療を行っています。

経皮的交連裂開術(PTMC)も参照ください。
僧帽弁狭窄症
人工弁内経カテーテル的人工弁挿入術 過去に人工弁植込手術を受けられた患者様で、人工弁機能不全を起こされた弁に対し、カテーテルを用いて新しい生体弁を植え込む治療法です。近々日本でも、保険償還され施行可能となる見込みです。当センターでは、以前より本治療を臨床研究として行ってきており、多数の治療経験があります。

人工弁機能不全に対するカテーテル治療も参照ください。
人工弁機能不全(生体弁)
経皮的バルーン大動脈弁形成術(PTAV/BAV) 大動脈弁狭窄症に対し、狭窄した弁をバルーンで拡張する治療です。当院でももちろん施行可能ですが、TAVI(前述)が登場してから、そちらに取って代わられつつあります。 大動脈弁狭窄症
これからの治療
経カテーテル的人工弁周囲逆流閉鎖術 人工弁術後の患者様で、人工弁の周囲より逆流を認めている患者様に対し、カテーテルを用いて閉鎖を行う治療です。現在、日本での認可取得のための国内治験が行われており、当センターも参加しています。


人工弁機能不全に対するカテーテル治療も参照ください。
人工弁置換後の弁周囲逆流

<リンク先>

最終更新日 2018年06月11日

ページ上部へ