ホーム > 病気について > 心不全

心不全

  1. 心不全は、どういう病気ですか?
  2. 心不全は、どういう原因で起きますか?
  3. 心不全になったら、どのような症状が出ますか?
  4. 心不全には、どのような治療法がありますか?
  5. 心不全になったら、どのような事に気を付ける必要がありますか?

1. 心不全は、どういう病気ですか?

心臓は全身に血液を送り出すポンプとして一日中、休むことなく働いています。心不全とは、『心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気』と定義されています。一概に心不全と言っても、原因や自覚症状は人によって様々です。

2. 心不全は、どういう原因で起きますか?

心臓の筋肉を養っている血管(冠動脈)が詰まってしまう心筋梗塞や狭心症、動脈硬化や塩分の摂り過ぎなどが原因の高血圧、心臓の部屋を分けている逆流防止弁が障害される弁膜症、心臓の筋肉に異常が起こる心筋症、拍動のリズムが異常になる不整脈、先天的な心臓の病気など様々な疾患が原因となって生じます。

3. 心不全になったら、どのような症状が出ますか?

心不全になると、心臓から十分な血液を送り出せなくなり、体に必要な酸素や栄養が足りなくなるので、坂道や階段で息切れがしたり、疲れやすくなります。腎臓に流れる血液が少なくなって尿の量が減り、水分が体内に貯留してくると、足の甲やすねのあたりがむくんだり、体重が1週間で2~3キロ増加したりします。やがて、体の中で血液が滞る「うっ血」が進むと、腹部膨満や、さらに呼吸が苦しくて横になって眠れない「起坐呼吸」といったような状態になることもあります。

息切れや足のむくみは、心不全の患者さんで頻度の多い初期症状ですので、これらの症状が出現した際には、一度専門の医療機関の受診をお勧め致します。

4. 心不全には、どのような治療法がありますか?

まずは、心不全そのものに対する薬物治療を行います。数種類のお薬を患者さんの状態に応じて調整します。心不全に対するお薬は、患者さんに合わせた慎重な調整が必要です。その他、生活習慣の見直しや、多くの場合で食事療法も必要です。当院では心不全に対する薬物治療に豊富な経験があり、生活習慣や食事の指導にも力を入れています。

心不全の原因と解決方法がはっきりしている場合、例えば、心筋梗塞や狭心症に対しては冠動脈に対する治療が行われます。弁膜症に対しては、弁置換術や弁形成術などの開胸手術が効果的です。一方で、ご高齢の弁膜症のかたには、開胸手術が困難な場合も少なくありません。近年では、そのような患者さんにも、より低侵襲で行う事が出来るカテーテル治療が臨床応用されています。大動脈弁狭窄症という弁膜症に対しては、カテーテルを用いて弁置換術を行う経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVIと言います)、僧帽弁逆流症という弁膜症に対しては、カテーテルを用いて弁を修復して逆流を制御する経カテーテル的僧帽弁修復術などの治療が可能な場合があります。

心筋症、特に拡張型心筋症においては、標準的な内服治療以外にも、両心室ペースメーカー治療(心室再同期治療;CRTと言います)が著効する場合があります。一方で、それらの治療でも改善しない場合には、補助人工心臓や心臓移植といった治療が必要になる場合もあります。また肥大型心筋症においては、薬物治療に加えて、心筋切除術や経カテーテル的中隔心筋焼灼術(PTSMAと言います)が必要になる場合もあります。

当センターでは心不全に対する薬物治療、経カテーテル的大動脈弁置換術経カテーテル的僧帽弁修復術などのカテーテル治療、ペースメーカー治療、補助人工心臓・心臓移植などいずれの治療に対しても豊富な経験を有しており、専門的な外来診療も行っております。お困りの方は、弁膜症に関しては弁膜症クリニックへ、心不全や心筋症に対する、薬物治療や両心室ペースメーカー・補助人工心臓、経カテーテル的中隔心筋焼灼術等の適応等に関しては総合心不全クリニックへ、いつでも気軽にお問合せ下さい。

5. 心不全になったら、どのような事に気を付ける必要がありますか?

心不全は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら経過する病気であり、上手に付き合っていく必要があります。そのためには大きく分けて、① 内服を必ず継続する事、② 食生活に気を付ける事、③ 自己管理を行う事の3つが重要です。

① 内服に関しては、調子が良くなるとついつい内服を忘れがちになってしまいます。ただし、心不全悪化の原因として、内服の中断は最も多い原因の一つです。心不全に対しての薬は種類が多いですが、必ず継続して内服してください。

② 食生活に関しては、塩分の制限が最も重要になります。塩分を取り過ぎると、体の中の血液量が多くなり、心臓に負担がかかって心不全になりやすいです。1日6g未満を目途に、塩分を取り過ぎないことを心掛けて下さい。

③ 自己管理に関してですが、心不全は長く付き合っていく病気であり、内服の継続、塩分制限に加えて、日々の状態をご自身で管理していく必要があります。毎日血圧や体重を付ける事や、心不全の症状が出ていないか、日々チェックするようにしましょう。

最終更新日 2018年01月25日

ページ上部へ