ホーム > 病気について > 閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症は、足の血管の動脈硬化がすすみ、血管が細くなったり、つまったりして、充分な血流が保てなくなる病気です。そのため、血液の流れが悪くなり、歩行時に足のしびれ、痛み、冷たさを感じます。さらに進行すると、安静時にも症状が現れることがあります。

  1. 閉塞性動脈硬化症
  2. 動脈硬化について
  3. 日常生活の留意点について
  4. 食事について
  5. 手術を受けられた方へ

1. 閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症は、足の血管の動脈硬化がすすみ、血管が細くなったり、つまったりして、充分な血流が保てなくなる病気です。そのため、血液の流れが悪くなり、歩行時に足のしびれ、痛み、冷たさを感じます。さらに進行すると、安静時にも症状が現れることがあります。

2. 動脈硬化について

動脈がいつも強く弾力性に富んでいれば、心臓や脳を始めとする、すべての臓器や筋肉などの組織へ、必要な栄養の供給は順調に行われます。

しかしコレステロールなど血液のあぶらが、いつとはなしに動脈にたまったり、酸素や栄養が不足したり、高血圧があっていつも血管に負担がかかったり、色々の原因が重なって動脈の新しい細胞が作られなくなってくると、動脈は弾力性を失い固く、もろくなってしまいます。これが動脈硬化と呼ばれるものです。

詳しくは"動脈硬化"をご参照下さい。

3. 日常生活の留意点について

(1)禁煙の厳守

イラスト:禁煙しましょう

たばこに含まれるニコチンは、毒性の強い物質であるばかりでなく、血管を収縮させる作用があります。また、血液中の中性脂肪を増加させるとともに、高血圧、動脈硬化の原因となります。

"百害あって一利なし"

(2)足の保温・保護・清潔について

寒冷刺激により足の血管はさらに収縮し、血液の循環は悪くなります。そのため、靴下、足袋、電気毛布を使用し保温に努めましょう。(入浴も血行改善に役立ちます)電気あんかや湯たんぽを使用するときは低温やけどを起こすことがありますので、足に直接あたらないよう、間接的な保温になるよう注意しましょう。また傷や皮膚病をつくると正常な血流の時より治りが悪く、潰瘍になることがあります。爪を切る際は、深爪をしないようにし、四季を通じて素足でいることはさけ、靴下の着用などを行い、足の保護に心掛けましょう。靴も足先のきつくないものを選ぶようにしましょう。
足はいつも清潔にしておき、水虫などの皮膚病にかからないように心掛けましょう。

(3)歩行について

イラスト:歩きましょう

「歩く」ことは特別な用具や場所を必要とせず、また体への無理な負担がなく、安全性にも優れていることから、中高年の健康づくりに役立ちます。この病気は、主な動脈がつまったり、細くなっています。歩くことによりそれ以外の血流を増やし血行を改善させます。(側副血行路の発達)足の症状のでる一歩前で休みながら繰り返し歩くよう心掛けましょう。痛みなど症状がでるまで歩行しては、逆効果です。

(4)水分摂取について

水分が足りないと血液が濃くなる上に、流れが悪くなり血管をつまりやすくします。高齢の人は若い人に比べ、脱水状態になりやすく、夏場や運動の後は水分を多めにとることが大切です。1日 800ml~1000ml以上飲むように心掛けましょう。

(5)動脈触知について

血栓が末梢の動脈につまったり、血管が再閉塞を起こすと、血の流れが悪くなり脈の触れが弱くなります。また足の冷感、しびれが出現し、皮膚の色も悪くなることがあります。ですから、血流を確かめるため1日1回は、脈の触れを確認し、足の状態を観察しましょう。脈の触れない方は、皮膚の色や皮膚温、傷の有無などを観察しましょう。

4. 食事について

日々の生活の糧となる食事は、循環器とも密接なかかわりを持っています。
このかかわりを知り、バランスのとれた食事をとることで、症状がおさえられることも少なくありません。
何に注意して、どのようにして食べたら良いのか、基礎知識をきちんと把握して、さっそく実践してみましょう。

詳しくは"食事について"をご参照下さい。

5. 手術を受けられた方へ

(1)人工血管の保護

術式によって少々異なりますが、人工血管部の強い衝撃、圧迫・屈曲を避けるため以下のことに注意しましょう。

  • ゆったりとした衣服の着用
  • 急激に体をねじらない
  • 洋式トイレを利用する
  • あぐら、正座をさける
  • 膝関節、股関節を90度以上屈曲しない

(2)術後合併症について

a.創部の感染
創部の下(筋肉)は、体の中で溶ける糸を使っていますが、稀にその糸が残り感染を起こすことがあります。その場合は創部が赤く腫れる、熱がある、痛むといった症状がでます。
b.人工血管の感染
極稀に、人工血管に感染を起こすことがあります。症状としては38度以上の高熱が続きます。原因としては、風邪などの感染と創部の感染から起こる場合があります。普段からうがいを行い、感染予防に努めて下さい。又、歯科受診の際は手術したことを話しましょう。創部の感染は、特に鼠径部に創部がある方は、部位的にも尿の汚染など汚染しやすいため注意が必要で、常に清潔に心掛けましょう。
c.術後肝炎
稀に輸血が原因で、肝炎を起こすことがあります。1~5ヶ月間の潜伏期間があるため、手術後1~5ヶ月ごろに下記の症状が出た場合は受診して下さい。
  • 体調が良くない
  • 頭痛がする
  • 食欲がない
  • 吐き気がある
  • 肌が黄色っぽい
  • 眠れない
  • 眼球黄染(白目が黄色くなる)

(3)抗凝固療法について

人工血管をつまりにくくするためにワーファリンという抗凝固薬を内服することもあります。ワーファリンは、血液をサラサラにして、血液中に血のかたまり(血栓)が出来ないようにする働きがあります。
その他、パナルジン、プレタール、オパルモンなどの抗血栓剤もワーファリンと同様の作用があるので注意しましょう。

詳しくは"ワーファリンの正しい飲み方"をご参照下さい。

最終更新日 2011年11月04日

ページ上部へ