ホーム > 組織のご紹介 > データ統合室

データ統合室

スタッフ

宮本 恵宏(室長併任)
住田 陽子(専門職)
笹原 祐介(専門職)
田尾 美里(データマネージャー)
丸田 明子(データマネージャー)
西田 栄美(データマネージャー)
石井 稔子(データマネージャー)
大井 朋子(事務)
松尾 加奈恵(事務)
游 礼奈(事務)

客員研究員

森脇 健介(神戸薬科大学 医療統計学研究室 准教授)
金岡 幸嗣朗(奈良県立医科大学付属病院 大学院)
石井 正将(宮崎県立延岡病院 医師)

使命(Mission)

データ統合室は、研究・統計データ、レジストリ、DPC・レセプト等の情報のデータリンケージに関することをおこなう。

活動目標(Vision)

我が国における循環器病の診療実態把握のため、全国の医療機関から広範囲にデータを収集する。また、各種情報を総合的に俯瞰し、新たな情報価値の創造と提供を行う。

活動計画(Action Plan)

疾患別患者レジストリーの運用やレセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)や診療群分類(DPC)医療情報データ等の集約とその利活用の推進を行うため、(1)各種情報の適切な品質管理活動により信頼性が担保されたデータセットの提供を行う、(2)集積された各種情報の安全・適切・円滑な利活用を支援する。

最終更新日 2018年01月01日

ページ上部へ