ホーム > バイオバンクについて > データリソース管理室

データリソース管理室

スタッフ

室長 野口 倫生

活動内容

当バイオバンクの特色に、試料に付随する豊富な臨床データが挙げられます。データリソース管理室では、バイオバンクで取り扱うヒト試料に付随する診断名、検査値などの臨床データの収集、管理を担当します。 専属の診療情報管理士が病名の入力を行い、医療情報部との密な協力体制の元、専属のシステムエンジニアが個人情報保護に配慮して臨床データを管理しています。これらのデータは ナショナルセンターバイオバンクネットワーク(NCBN)カタログデータベース の基盤となっており、定期的に更新を報告しています。

また、バイオバンク試料を用いた研究においてバイオリソース管理室と共同で事前調整を担当し、研究遂行の上で必要な調整を行っています。

最終更新日 2018年05月17日

ページ上部へ